わきがと多汗症の関係性|疑い始めたら知っておきたい知識

わきがと多汗症の関係性|疑い始めたら知っておきたい知識

シャツのにおいに辟易する男性

「汗を多くかく体質だけれど、これってわきがに直結するの?」

「ここのところニオイが気になると指摘されたけれど、これはわきが?」

そう、わきが―体臭のひとつであるわきが、自分自身がそうではないかと気になり始めたら止まりません。

よほど”腹を割って話せる”パートナーや友人でもいない限り、自分一人で悶々と悩んでしまうことになります。

今回は、わきがと多汗症との関係性を探ってみましょう。

お悩み解決のヒントになれば幸いです。

 

汗といっても2種類

通常の汗は、エクリン汗腺というところから分泌される水分中心のものです。

体の熱を冷ます冷却装置といったところでしょうか。

風邪をひいた時、運動などで体温が上がった時に汗をかくのはこのためです。

 一方で、わきがの原因となるのはアポクリン汗腺というところから分泌される物質が主とされています。

これはフェロモン物質とされる説が有力で、実際にアポクリン汗腺は体毛が多い場所に分布しています。

この場所から分泌されるものが皮脂腺より分泌された脂分と混ざり、体表の雑菌により分解されることにより、わきが独特のニオイとなるとされています。

 ですので、多汗症=わきがという公式は成り立たないと言えます。

そもそも、原因となるものが分泌される場所が異なるからです。

 

単なる汗は基本的ににおわないけれど…

そもそもの汗は、さらっとしているのが基本です。

真夏の暑い日に流れる汗は体温の調節をするため。

毎日きちんと入浴し、汗や体表の雑菌を洗い流すことでニオイ対策は可能です。

ですが、疲れが溜っているときや強いストレス下に置かれているときは、疲労物質や老廃物が汗と共に体表に出てきます。

いわゆる「さらっと汗」ではなく、「じっとり汗」であることが特徴。

このようなときは、やはり体調管理がとても大事です。

しっかりと汗をかくために最近流行語にもなっている「汗活」。

汗腺が活発にその機能を果たしてくれないと、ニオイの問題どころか体調不良にもつながります。

必要な時にきちんと汗をかく。

そういった体本来の働きが弱まると、夏場に熱中症になってしまうことだってあり得るのです。

 

におう汗にしないために

多汗症=わきがではないにしろ、におう汗があることも事実。

このにおう汗を防ぐために実行して頂きたいのが、以前の記事「ほんと!?体臭を入浴法で改善する具体的な方法4つ」でもご紹介した入浴方法。

 におわない汗がにおう汗に変わる時、そこにはアンモニアなどの疲労物質がプラスされています。

ゆっくりと湯船につかり、むしろ積極的に汗をかくようにしましょう。

入浴は疲れをとるとても大事な方法。

汗腺を活発にしながら疲れをもとるという、毎日の大切な儀式のようなものです。

時間に追い立てられないよう、しっかりと入浴の時間を確保してください。

 私たちの毎日は、エアコン(空調)により快適な環境で守られています。

快適であるがゆえに、汗をかきにくい体になっているとも言われます。

そもそもの体の機能が衰えているともいえるのです。

 におう汗にしないためには、「疲労物質を含まないさらっとした汗をかける体になっておくこと」

「毎日しっかりと入浴して清潔に保つ事」「体の洗いすぎによる体表善玉菌を流しすぎない事」

が大事です。

 

お医者さんは、「汗のにおい」と「わきが」をかぎ分けられる

「ニオイを指摘された」「どうもにおっているようで気になる」―毎日の生活に支障をきたすほどの悩みになってしまうと、お医者さんを頼らざるを得ない状況となるでしょう。

わきが治療を専門に行っているお医者さんは、「汗のにおい」と「わきが」をきちんと嗅ぎ分けることができます。

どうしても悩みが薄れず、心配で心配でたまらないという時は、一度受診してみるのもよいかもしれません。

 わきがも、軽度から重度まで3段階に分類されています。

まずは「自分自身が本当にわきがなのか」「わきがだったとしたならどの程度なのか」を理解すれば、ご自分での対処法も理解できてくるかもしれません。

第三者の客観的な、しかもお医者さんの目で診断してもらうのは有益なことです。

なにより、一人で悶々と必要以上に悩まないで済むというメリットがあります。

 単なる汗のにおいであったり、仮にわきがであっても軽度のものであれば、日々の生活習慣の見直しや制汗剤・デオドラント剤の使用で解決できるかも…。

 

体臭が強いとされ、そのケアにも熱心な欧米の人たちにも広く知られる「AHCスイス」の制汗剤でしたら、汗を止めるだけでなく、植物性エキスの殺菌効果でニオイの原因菌にも対応することができます。

わきがには、制汗剤「AHCシリーズ」とニオイに特化した「ブロメックス フォーマー」の併用がおすすめ。AHCシリーズでニオイの原因となる汗を夜のご使用でまず抑えてから、朝はブロメックスでケア。

ニオイが気になる部分に塗り広げ、30秒…。

その後拭き取ることを10日間ほど繰り返してください。

段々とニオイが気にならなくなることを実感して頂けるはずです。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

使う度に臭わなくなる!ヨーロッパで大人気の体臭・加齢臭・ワキガ用フォーム

ブロメックス+詰め替え用セット

体臭・加齢臭・わきがにお悩みならこちら

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top