わきがの手術とその費用

わきがの手術とその費用

こんにちは、コラム担当の安田です。

わきがの悩みは、本人にしかわからないツライものですよね。

早くわきがを治して、新たな人生をエンジョイしたい!

そんな方も沢山いらっしゃることでしょう。

今回は、気になるわきがの手術とその費用についてご説明いたしましょう。

わきがの手術には、このようなものがあります。

・切除法

わきがの原因である、脇の下の汗腺や皮脂腺、毛根を、

皮膚からまるごと根こそぎ取り除く手術です。

わきが手術のなかでは最も古い方法ですが、

リスクが大きいために最近ではあまり勧められていません。

・削除法

わきの下のしわにそって1センチほど切開後、

専用の器具を皮下組織に挿入し、皮膚の裏側から皮膚組織を切り取っていく手術です。

 

・剪除法

わきの下の皮膚を3センチほど切って、そこからアポクリン腺を取り除く手術です。

わきが手術では最も効果があると言われています。

 

・吸引法

わきの下を数ミリ切開して器具を挿入し、汗腺を吸引します。

 

・超音波法

皮膚に穴をあけて器具を挿入し、超音波を流して汗腺を壊し、吸引します。

 

このように様々な手術方法がある中で、もっともポピュラーなのが、

「剪除法」と「超音波法」です。

手術にかかる費用は、方法によって18~36万円と幅があります。

手術方法によっては、保険が適用する場合もあり、

その場合は安価で受けられることができます。

たとえば、「剪除法」の場合、全額では30万円程度ですが、

健康保険を使えば片側1万8000円程度で手術が受けられます。

「超音波法」は、保険適用外のため、美容外科を通じて行う場合が多いようです。

わきが治療に保険が適用するかどうかは、医師の判断で行われます。

医師が、わきがであると診断した場合に保険が適用されます。

また、手術方法によっても、保険がきく手術とそうでない手術がありますので、

詳しくは医師に相談されるとよいでしょう。

わきがは治したいけれど、けっこう費用がかかります。

そんな時は、制汗剤を試してみるという手もあります。

スイス製の制汗剤AHC20センシティブは、ヨーロッパで大人気の

強力な制汗剤。汗と臭いにお悩みの方は一度お試しくださいね。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top