わきがを改善するハーブ

わきがを改善するハーブ

こんにちは、コラム担当の安田です。

AHCシリーズが生まれたスイスには、沢山のハーブがあります。

ハーブ(薬草)は、病気や疾患を自然なかたちで直してくれる、

とても役立つ存在です。

スイス人の暮らしにおいても、このハーブは昔から様々な形で

活用されてきました。

もちろん、わきがや体臭に効果的なハーブもあります。

オールドマンズビアード、クローブ、セージなどが、そのハーブです。

そして、それらハーブを配合して作られた制汗剤が、

AHCシリーズなのです。

AHCシリーズに使われているハーブは、

お墨付きのハーブと言うわけですね。

それでは、AHCシリーズに使われているハーブが

どのようなものなのか、ご説明しましょう。

 

★ オールドマンズビアード

「おじいさんのあごひげ」という名前を持つ植物です。

一般的にはサルオガセと呼ばれています。

ハーブと言うよりも、木の幹にもじゃもじゃと

絡みついて生息する地衣類で、そのヒゲのような形から名前がつきました。

オールドマンズビアードは、古くから鎮痛剤や鎮静剤として

使われてきた薬草です。

また、殺菌能力が高く、ダメージから肌を守る効果があります。

精神安定作用があり、発汗を抑える効果があるため、

自然の制汗剤として使われてきました。

 

★ クローブ

クローブは、料理の匂い消しとしても有名なスパイスですね。

インドや中国では、古くから殺菌・消毒剤として活用されており、

口臭予防や歯の痛み止めとしても使われてきました。

インドネシアのガラムというタバコにも、

このクローブが含まれていて、タバコのイヤな臭いを改善してくれます。

もちろん、わきがの臭いにもクローブは優れた効果があります。

 

★ セージ

セージもまた、ヨーロッパで古代から愛され続けている重要なハーブです。

ソーセージでおなじみなように、豚肉にまぜて臭いを消します。

また、鎮静作用と抗酸化作用が高く、ハーブティーとして飲むと、

心も落ち着き、アンチエイジングにも役立ちます。

ネイティブ・アメリカンの間では、聖なるハーブとして

儀式の際にお清めのアイテムとして使われてきました。

それくらい浄化作用が強いそうです。

このようなハーブを配合した制汗剤AHCシリーズを、

ぜひあなたもお試しください!

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top