わきがの治療に保険は使えますか?

わきがの治療に保険は使えますか?

こんにちは、コラム担当の安田です。

多汗症やわきがは、なかなか人に相談しづらい症状です。

多くの人が、人にバレたくないと思って、

誰にも言わずに治したいと思っています。

病院できちんと治療したいと思っても、

何科の医師に相談すればよいのか、

どうやって相談すればよいのか、なかなか分からないものです。

また、治療費はどのくらいかかるのか、保険は適用するのだろうか、

ということも気がかりな点です。

わきがの治療は、皮膚科や美容整形外科で行なっています。

皮膚科と言っても、全ての病院でわきが手術まで

対応できるわけではないので、

事前にホームページなどで、

わきが診療が可能な病院を調べておくとよいでしょう。

東京など都市部であれば、多汗症やわきが治療を専門とする

クリニックも数軒ありますので、

そういったところなら治療の前例も多く、頼りになるでしょう。

わきがの治療は、多くの場合、健康保険が適用されます。

まず、受診の最初に、わきがかどうかを診断します。

わきがの原因であるアポクリン腺の数などを調べてもらえます。

もし、わきが体質であれば、わきがの治療が始まります。

また、わきがではないのに、匂いが気になる、という場合もあります。

その場合は、自己臭症(体臭恐怖症)の恐れもあるので、

精神科を紹介してもらいましょう。

わきがの治療は、症状の度合いによってさまざまです。

たとえば、わきがの元となるアポクリン腺を剪除する手術法は、

自己負担であれば30万円ほどかかりますが、

健康保険が適用すれば片側で2万円弱で受けることができるそうです。

また、医療費助成制度の利用で、小中学生は無料で

わきが治療を受けることができます。

どれくらいの治療費がかかるのかは、症状によっても変わりますので、

詳しくは専門医に相談するとよいですね。

わきがの根本治療は手術が最適と言われていますが、

やっぱり手術はいやだな、

とか、手術をせずに匂いを止めたい、

とお思いの方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、

スイス生まれの制汗剤AHCシリーズです!

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top