わきが手術の病院選び

わきがを治せる病院選び

こんにちは、コラム担当の安田です。

このコラムをお読みの方には、わきがでお悩みの方も多いと思います。

わきがは人によってレベルも様々で、夏の暑い日に時々臭いがする、

という方から、毎日わきがが臭ってたまらない、

という方まで色々といらっしゃいます。

わきがの治し方も様々で、毎日の食事に気をつけていたら臭いが減った、

という方から、ミョウバン水を試している方、

わき汗パッドを使っている方など、多数いらっしゃいます。

軽いわきがであれば、日常生活に気をつけたり、

ストレスを抱えない生活を心がけたり、

インナーで工夫するなどで対処することができます。

しかし、毎日わきがが気になる方や、

日常生活に支障をきたしている方など、

中~重度の場合は、病院での治療を検討されている方も

いらっしゃることでしょう。

今回は、わきがを治せる病院選びについて、お話ししたいと思います。

わきが治療を行なっている病院は、皮膚科、美容外科、形成外科となります。

すべての皮膚科、美容外科、形成外科でわきが治療ができるわけでもないので、

事前の確認が必要です。

わきがの治療は、大きく分けて2種類あります。

ひとつは、脇の皮膚を切開して、エポクリン腺を除去する手術、

もうひとつは、ボツリヌス菌を注射して、

一時的にわきがを抑えるボトックス注射です。

わきが手術は、一定の条件を満たせば保険適用となり、

安く治療を受けられることができます。

手術内容にもよりますが、20~30万円程度の治療が、

保険が適用すれば5万円程度で受けることも可能です。

ボトックス注射は、保険が適用できないため、

全額を患者が負担する必要があります。

クリニックによって料金に幅がありますが、

1回15万円程度の治療費が必要です。

最近では、わきが治療をウリにする美容外科やクリニックが増えてきており、

まるでエステサロンのような広告を出すところもあります。

気軽にわきが治療ができるのは大変に魅力的ですが、

その反面、きちんと治療をしてくれるのだろうか?

という不安も浮かびます。

また、過去に一部の美容整形外科でおこった

治療ミスや後遺症事故も、気になります。

派手な広告や、「簡単!お手軽!」といったキャッチコピーに惑わされずに、

病院選びをすることが大切ですね。

そして、スイスの強力な制汗剤AHCシリーズも使ってみてくださいね。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top