わき汗と肥満の関係

わき汗と正月ぶとりの関係

こんにちは。

コラム担当の安田です。

2013年に入り数週間経ち、すっかり新年ムードも抜けた頃でしょうか?

お正月に食べたオモチやおせちがカラダについて、

正月ぶとりのダイエットが大変! という方もいらっしゃるのでは。

(ハイッ、私もそうで~す!)

お正月には、美味しいごちそうを食べる機会が増えるうえに、

寒くてコタツから出られない~

(スイスの場合は、暖炉の前から動けない~~)

ということで、ぶくぶくと脂肪がカラダについていくいっぽう。

毎年、お正月を過ぎる頃になると、つきすぎた脂肪をなんとかしようと

ダイエットに勤しむ日々が続きます。

さて、この“正月ぶとり”が、皆さんの大キライな“わき汗”と

深く関係していることをご存知でしたか?

お正月で食べる食事は、甘いものや脂っこいものが多いものです。

また、おせち料理は保存を長くきかせることから、

砂糖やお醤油を大量に使った濃いめの味つけになっています。

そして、忘年会シーズンからずっと宴会続きで、

毎日大量のお酒を飲んでしまうこともあるでしょう。

これらの食生活が、わき汗の発生を促進させてしまうのです。

わき汗は、糖分や脂肪分の多い食事をとると発生しやすいと言われています。

また、濃い味つけのものを食べて塩分のとりすぎると、

水分を過剰摂取してしまいます。

すると体内の水分バランスが崩れ、汗が出やすくなるのです。

また、過度の飲酒や喫煙も、わき汗発生の原因です。

とくにお正月では、偏った食生活によって汗が出やすくなっているのに、

さらに運動不足になるために、代謝機能が悪化します。

正月ぶとりで体重が増えると、なおさら運動するのがやっかいに感じられます。

これが、わき汗発生の負のスパイラルを生じてしまうのです。

「お正月に食べ過ぎたなあ~」

「体重が増えてしまった」

と感じている方は、ちょっと頑張って体を動かして、

定期的に汗を流すことを心がけてみましょう。

運動も大切だけど、すぐに汗をとめたいな、とお思いの方は、

スイス生まれの制汗剤AHCシリーズを試してみませんか?

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top