ピンチを救う脇汗対策

ピンチを救う脇汗対策。外出先でもササッと簡単な方法

電車のつり革を握った瞬間、

仕事中に腕を上げた瞬間、

「あっ…… Σ(゚д゚lll)ガーン 」と思ったことはありませんか?

脇の下にくっきりと見える汗ジミ。

それが人に見られていると思うと、穴があったら入りたい気持ちになります。

出勤前にいくらケアをしていても、脇汗パッドを使っていても、精神状態や気候によっては不意の汗ジミは出てしまうものです。

ああ~、こんな汗ジミ、早く消えるといいのに……!

と思っても、皮肉ながら、焦れば焦るだけ汗はさらに増えていくもの。

そんな時でもササッと汗ジミを止める/汗を出にくくする方法があるって御存知でしたか?

今回はピンチの時でもスマートにできる脇汗対策をご紹介します。

wakiasetaisaku

 

すぐに汗を止めたい時は。。。リンパ節を冷やしてみる

発汗は、精神的な要因/体質的な要因/環境的な要因など、

さまざまな要因によって促進される生理現象です。

本来、発汗というのは、体を正常に保持するためにおこるものですから、無理に止めてしまうのは体にとって逆効果。

ですから、汗を流したい時には、きちんと汗を流すほうがよいのです。

しかし、人前にいるときなど、場合によっては「汗を止めたい!」と思う時もありますよね。

そういう時には、体温を急激に下げることが一番てっとり早いんです。

夏の暑い日や運動後の体温が上昇している時には汗が多く出て、涼しいところに行ったり、

運動してしばらく経った後には汗が引くのと同じ理由です。

体温を急激に下げるには、リンパ節を冷やすとよいと言われています。

リンパ節は、「首の後ろ」「左鎖骨下」「脇の下」「太もものつけね」「ひざ裏」が皮膚に近く、触りやすい箇所です。

冷やし方は、冷感スプレーや保冷剤で「冷たさをしっかり感じるまで」リンパ節を冷やしてください。

外出先でスプレーや保冷剤がない場合は、濡らしたハンカチを当てておくだけでも効果があります。

この方法は脇汗が気になる時以外でも、暑い日のメイクで顔が汗ばんで困るというケースにも有効です。

ぜひお試し下さい。

 

冷やすものが何も無い時には。。。腕組みでも脇汗が止まる?!

例えば仕事や会議中など、リンパを冷やすものが手元に無いし、冷やすこともできない……ということもありますよね。

そんな時に試していただきたいのが、「腕組み」です。

えっ!? 腕組みなんかで汗が止まるの?

そうなんです、止まるんです。

腕組みをして、クロスした手のひらで、乳首の上あたりから、脇の下あたりにかけてをギューっと押してみてください。

30秒から1分くらい、かなりキツメに圧迫するのがコツです。

これは、発汗を止めるツボが胸のあたりにあるため、そこを刺激することで一時的に汗が止まるというもの。

脇汗だけでなく、顔や頭の汗も一時的に止まるそうですよ。

今日は絶対に汗をかきたくないという大切なプレゼンの前には、きつめのブラジャーをするのも手です。

ただし、苦しくなって気持ち悪くならないようにご注意を!

wakiasetaisaku2

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top