脇汗の黄ばみは洗濯しても取れない

ショック!わき汗の黄ばみは洗濯しても取れない 

わき汗をかいて放置しておくと、いつの間にか服に黄色い染みがついている……

そんな経験をお持ちの方はいませんか。

袖のわきの下部分にできる、ツキノワグマの模様みたいな半月状の染み。

これは、“わき汗による黄ばみ”なのです。

わき汗の黄ばみは、どうしてできるのでしょうか。

そして、一度ついてしまったわき汗の黄ばみは、取ることができるのでしょうか?

そもそもわき汗には、2種類の汗があります。

一つは、エクリン腺という汗腺から出る汗があります。

主な成分は、水と塩分です。

この汗は、さらっとした無色透明の汗で、不快な臭いがあまりありません。

運動をしたときに出る汗の多くは、このエクリン腺から出る汗です。

もう一つは、アポクリン腺という汗腺から出る汗です。

この汗は、ねっとりしていて、臭いと色が強いのが特徴です。

アポクリン腺から出る汗には、脂肪分や尿素、色素、アンモニアなどが含まれていて、それらが雑菌や空気と反応して、臭いや色を発生させます。

一般的に、多汗症の汗や、わきがの人の汗は、このアポクリン腺由来の汗が多いと言われています。

わき汗の黄ばみを引き起こしているのは、このアポクリン腺から出る汗です。

アポクリン腺から出る汗は、汗自体に色素が混じっているので、布地につくと色がついてしまうのです。

また、汗自体に粘度があるため、一度布地に染み込むと、なかなか取れにくくなります。

汗をかいた後すぐに洗濯をすれば、ある程度は落ちますが、何度も繰り返し使っていると、やはり黄ばみはしっかり残ってしまいます。

一番よくないことは、着用後、服をずっと洗わずに放置してしまうことです。

汗が生地の中で変質し、黄ばみが沈着してしまいます。

そうなったら、洗濯やクリーニングでも黄ばみを取ることは難しくなります。

汗をかいたな、と思ったら、すぐに洗濯をするように心がけましょう。

また、白い色の服は黄ばみが目立ちやすいので、汗取りパッドをつけて、汗が直接服につかないよう気をつけることが大切です。

大切な衣類に黄ばみをつけないようにするには、わき汗をかかないことが一番です。

スイスで人気の制汗剤AHCシリーズをつければ、わき汗もピッタリおさまりますよ。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top