探ってみよう!脇汗の原因

探ってみよう!脇汗の原因

 

汗をかくのは自然なことと思っていても、大量に汗をかいてしまうと、やはり気になりますよね。

汗の原因は何でしょう?

発汗には3つの種類があります。

まず、温熱性発汗は、運動をしたり暑い時に出るもので、上昇しすぎた体温を調節する役目があります。

次に、味覚性発汗は、辛いものなどを食べた時に出る汗で、顔や頭によくかきます。

そして、精神性発汗は緊張したり、ストレスを感じると出るもので、脇の下や手のひらなどによく現れます。

脇汗は、もちろん暑い時にもかきますが、精神性発汗が原因である場合が多いと言われています。

人前で話したり、緊張したりすると、過度のストレスが引き金となって交感神経が活発化し、汗腺を刺激して汗が出るのです。

脇には特に汗腺が多く集まっているので、本来、脇汗が出るのは当たり前のことなのですが、「今日も脇汗がひどいなあ……」と一度気にしてしまうと、もっと脇汗が出てしまうのです。

また、会議でプレゼンをする時や、初対面の人と話す時にも、「脇汗を見られたらどうしよう……」と意識してしまい、それがさらなるストレスの原因になり、悪循環にはまってしまいます。

また、あまり知られていないことですが、精神的発汗は、性格や環境も大きく関係すると言われています。

精神的発汗が起こりやすい人には、几帳面で完璧主義者、神経質な人、気を使いすぎる人、自意識過剰な人が多いのだそうです。

ですから、「私は汗をかきやすいなあ」と自覚している方は、少し心持ちをアバウトにしたり、ちょっと図太くなるほうがよいのかもしれませんね。

それから、上手に汗をかく環境も大切です。

現代的な生活では、夏でもエアコンの下で過ごすことが多く、本来の体に備わる体温調節の機能がうまく働かなくなりがちです。

汗腺が必要な時に正しく閉じたり開いたりしないと、必要の無い時に汗が出てしまうのです。

ですから、日頃からエアコンに頼りすぎないようにしたり、適宜エクササイズをして体を動かして、正しく汗をかく体づくりを心がけるとよいでしょう。

脇汗は“気にしない”のが一番ですが、この現代社会においてはなかなかそうもいきませんよね。

ですから、対処法として、制汗剤などを脇に塗って発汗を抑えたり、脇汗パットやパット付きの下着をつけて汗を吸収するなど、さまざまな方法が考えられています。

制汗剤と脇汗パッドや汗をよく吸い取る特別な下着など、併用するのが良いでしょう。

 

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top