運動後の体臭が気になるあなたへ
効果的な予防法とは

運動後の体臭が気になるあなたへ 効果的な予防法とは

portrait of beautiful sport girl sitting in tennis courts  looking to camera with smiling face use for people and healthy lifestyle activities

週末の趣味としてスポーツをされる方、部活動で運動をされる方、汗のニオイが気になりませんか?

汗のニオイだったらまだしも、体臭というほどのニオイだったら…と不安になる事がありますね。

せっかく健康に良い運動をしているのに、臭いが気になって楽しめないというのも勿体無い。

運動にまつわるニオイ・体臭を予防するには、どうすればよいのでしょうか。

日頃の汗と運動時の汗との違いや、スポーツにまつわる独特の環境などから、予防法を考えてみましょう。

 

運動時・運動後の汗の特徴

日頃かく汗と違い、運動時や運動後の汗は独特のニオイがしやすいものです。

運動により、筋肉内に生成されてしまった乳酸が血液を介して全身に巡ってしまうのです。

この血中乳酸は、当たり前のことながら汗にも影響を及ぼします。

これは「アンモニアのようなニオイ」として認識されてしまいます。

何となくツンとしたニオイとして感じられるのが、運動時・運動後の汗の特徴なのです。

 

 【対策1】スポーツドリンクの利用

これからスポーツを始めようと思われている方は、いきなりはじめるのではなく、軽い有酸素運動からはじめてください。

汗腺を鍛え、サラサラとした良い汗をかける体になっておけばよいのです。

取り入れる水分にも注意を払ってください。

吸収率の良い、スポーツドリンクを利用すると良いですね。

汗で塩分やミネラル分を失いますので、これらを補給することは大切です。

有酸素運動を日頃から行う、塩分やミネラル分を必要に応じて取り入れておくことで、サラサラとしたニオイにくい汗をかける体になっておきましょう。

 

【対策2】スポーツウェアの素材にも注意

かいた汗を発散しやすい・涼しいとの謳い文句で発売されているスポーツウェアがあります。

それらは概ね化学繊維でできています。

素材そのものが水分を吸収しませんから、運動後には体表とスポーツウェアとの間に汗が溜まっていることもあります。

この汗に細菌が出会ってしまうと、どうしてもニオイを発してしまいます。

運動後にはきちんと汗をぬぐい(できればシャワーを浴び)、出来るだけ早い段階でコットン素材のものに着替えるようにしてください。

 

【対策3】ムダ毛の処理

汗が長時間肌に残り、雑菌のエサとなってしまうもう一つの原因に、体毛があります。

きちんと拭き取り、常に清潔にしておければ問題はないでしょうが、運動後の体から完全に汗を取り去るにはシャワーしかありません。

シャワールーム完備の場所で運動できればよいのですが、全ての場所にシャワーがある訳ではありませんね。

汗をさっと拭うだけでケアできる環境を整えるために、ムダ毛の処理も一つの方法です。

特に脇は、皮脂腺から分泌される脂肪分とエクリン腺から出るニオイやすい汗が混ざりやすい部分です。

これが長時間肌に残っていると、常在細菌による分解でニオイのモトとなるのです。

海外ではエチケットとしてムダ毛の処理をすることは知られている事です。

 

【対策4】香水などはきちんと汗を処理してから

汗のニオイが気になるからと、すぐに香りのするニオイケアグッズを使用してはなりません。

その商品の香りでマスキング(ごまかすこと)をしても、体に残った汗は常在細菌により分解され続けています。

その瞬間はいい香りでも、時間がたつにつれ汗のニオイと混ざり合い、むしろ何もつけない方がよかった―といった結果になってしまいます。

シャワーを使えない環境でしたら、汗ふきシートや濡れタオルできちんと汗を拭き取ってから香りのものを使ってください。

 

【対策5】プロテイン摂取を一度やめてみる

どうしても運動時の汗のニオイが気になる、という方には「プロテインを飲んでいます」という方が少なくありません。

一般的に体臭がきついと言われる欧米の方は、好んで肉類を食べます。

日本でも食の欧米化が進んでから、体臭に悩む人が増えていると言います。

プロテインとは、タンパク質ですね。

知らず知らずのうちに、このプロテインで「肉食」が進んでいることもあります。

一度プロテインをやめてみる、量を減らしてみるなどの試みも必要かもしれません。

または、同じプロテインでもソイプロテイン(大豆が原料)に変更してみるといった方法も良いかもしれません。

 

【対策6】制汗剤の使用

ニオイのモトとなりやすい汗の発生源であるアポクリン腺の多い部分に制汗剤を使ってみましょう。

脇に、このアポクリン腺は多く存在します。

汗は体温調節にとても大切な機能ですから、全身の汗を止めてはいけませんが、これらニオイのモトとなりがちな部分だけでも汗を止めるタイプの制汗剤を使うことでニオイを防ぐことができるかもしれません。

汗にはAHCシリーズ、体臭にはブロメックス、汗・ニオイに特化したラインナップで運動の際に気になるニオイのケアができます。

夜寝る前に数日使用すると、汗をかきにくくなっていることを実感して頂けます。

また、ブロメックスフォーマーはニオイの気になる部分に塗り、30秒待ってから洗い流すか濡れタオルで拭き取るだけ。

使うたびに臭いが軽減されていきますよ。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

制汗剤AHCシリーズ 詳細はこちら

 

使う度に臭わなくなる!ヨーロッパで大人気の体臭・加齢臭・ワキガ用フォーム

ブロメックス+詰め替え用セット

体臭・加齢臭・わきがにお悩みならこちら

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top