手のひらの汗、冬の対策は?

手のひらの汗、冬の対策は?

こんにちは、コラム担当の安田です。

最近はとっても寒くなってきましたね。

寒くなると、夏みたいに汗をかかなくて嬉しい! 

というのは間違いで、汗かきさんには冬もツライ季節です。

いつも手のひらが汗でじっとり濡れていると、

気温の低い冬はすぐに指先が冷えてしまうのです。

指先の冷えは、体の冷えにもつながってきます。

だから、手のひらに沢山汗をかく私は、部屋の中でも手袋がかかせません。

しかし、手袋をしていると、パソコンが打ちづらいし、家事にも不便。

なので、いろいろ対策を調べてみました。

今日は、【寒い時期の手のひらの汗対策法】をご紹介します。

 

★半身浴や手の部分浴が効果的!

寒い冬こそ、体をとにかく暖めることが大切です。

シャワーでは、体の芯から暖まりません。

面倒がらずに、寝る前の入浴を習慣づけましょう。

体幹は入浴後20分後から体温が上昇すると言われています。

熱いお湯だとのぼせてしまいますので、38度前後のお湯で半身浴がおすすめです。

お風呂に入れない時には、手の部分浴もよいそうです。

40度くらいのお湯を洗面器に入れて、手をしばらく浸します。

手の血行がよくなり、指先の冷えが解消されていきます。

保温効果のある塩や重曹を入れるとさらに効果的です。

 

★両手ブラブラ体操をしよう!

手のひらの血行を促す簡単な体操をしましょう。

まず、両手を天井側に高く掲げます。

手首をブラブラ~っと20回ほど振ります。

一度下におろして、それを一日2~3回繰り返します。

手のひらの血行がよくなるとともに、肩こり解消にも繋がります。

 

★手のひらや指先を冷やさない

外出する時には必ず手袋をはめましょう。

指先を冷やしてしまうと、すぐに体の芯が冷えてしまいます。

体の冷えは精神の緊張も促し、多汗症の原因となる自律神経の

乱れにも繋がってゆきます。

携帯カイロを使ったり、ポケットに手を突っ込んだりと、

手を冷やさないように心がけることが大切です。

手が汗でどうしても冷えてしまって大変という方は試してみてくださいね。

でも、手汗にお悩みなら、手のひらの汗を抑える

スイスの制汗剤AHC30フォルテがおすすめ。

汗を抑えるとても冷えなくなるのではないでしょうか。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top