さよならしたい!手と足の汗

さよならしたい!手と足の汗、改善の3ステップ

こんにちは、コラム担当の安田です。

涼しくなってきたこの季節に気になるのが、

そう、手と足の汗ですよね。

汗って夏のほうが気になるのでは?

とお思いになるかもしれませんが、そうでもありません。

夏は大勢の方が汗をかく季節なので、

多少の汗をかいてもあまり気にされません。

しかし、寒い時期の汗は目立ってしまうため、

どうしても「恥ずかしいなあ」という消極的な気持ちになりやすいものです。

また、手や足にかく汗は、発汗を伴う汗と違って、

体温が低くても出てしまいます。

ですから、汗の湿り気ですぐに手や足が冷たくなりがちで、

冷え性に悩まされる方も多いようです。

湿ったままの手袋や靴下を交換せずにずっと着用していると、

蒸れたり、バクテリアが繁殖して、しもやけや水虫の原因になることもあります。

そんな、四季を問わず、私たちを悩まし続けているイヤ~な手足の汗に、

さよならしたい! と思いませんか?

手や足の汗を防ぐには、どのような対処法があるのでしょうか?

Step1 : 規則正しい生活をする

手や足の汗の原因はさまざまですが、

その一つに自律神経の乱れがあると言われています。

朝起きる時間がまちまちだったり、夜ぐっすり眠れなかったりと、

精神的身体的なストレスをかかえる生活をすると、

自律神経が乱れやすくなります。

一度、ご自分の生活リズムを見直し、

朝はきちんと起きて、夜は決まった時間に就寝する生活を心がけてみましょう。

Step2: 食事と運動を見直そう

脂っこい食事や、アルコール、タバコを多く服用する生活も、

自律神経に影響してきます。

また、発汗はしかるべきタイミングできちんと出せるよう体に覚えさせれば、

不必要なタイミングで出にくくなるものです。

強度の運動でなくてもよいので、たとえば、軽いウォーキングやヨガなど、

少し汗ばむ程度の運動を毎日30分程度続けると、

手や足の多汗に効果があるそうです。

ヘルシーな食事と運動を心がけて、汗のかきにくい体質作りを目指しましょう。

Step3: 必要以上に汗を気にしない

手や足の汗は、一度かいてしまうと「誰かに見られたら恥ずかしい」

と思ってしまって、さらに汗が出てしまいます。

ですから、汗をかいても必要以上に気にしないことが一番よいのです。

しかし、気にしないようにするのは、とても難しいことですよね。

そのためには、汗をかいても人に見えない工夫をしたり、

抑えるようにすることが大切です。

スイスで開発された制汗剤、AHCシリーズなら汗腺に働きかけて

汗をきっちりと抑えていつまでもサラサラ。手と足用がちゃんとあります。

しかも、その驚きの制汗力は1週間も持続。

今までにない優れたハイクオリティー制汗剤をまずは

無料サンプルでお試しくださいね。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top