手汗を止める5つのツボ

本当に効くの?!手汗を止めるツボ5つ

こんにちは、コラム担当の安田です。

今回は手汗を止めるツボをご紹介します。

 

労宮(ろうきゅう)

手をリラックスさせることが、手汗を止めるための近道です。

手を握りこぶしにした時に、中指の先があたる部分が労宮というツボです。

この労宮をおすことで、手がリラックスします。

ゆっくり息を吐きながら、もう片方の手の親指で、

労宮をグーッと押してみましょう。

10秒くらい続けて3~5セット、行なってみてください。

 

合谷(ごうこく)

合谷は、痛みを和らげるツボとして有名です。

また、新陳代謝を正常にする役割もあります。

汗をかきすぎな人の体質を変え、正常な発汗に戻してくれます。

場所は、手の親指と人差し指のちょうど交差する点です。

ここをもう片方の手の親指でゆっくりと押します。

こちらも10秒くらい、3~5セット行なって下さい。

 

陰げき(いんげき)

手のひらを上向きにして、小指側に傾けます。

小指側の手首のラインから、小指1本分下がったところに陰げきというツボがあります。

そこを反対の親指でもみほぐしたり、強く押します。

陰げきも精神的圧迫感を和らげる効果があります。

 

後谿(こうけい)

手のひらを上向きにしてグーを作ります。

小指の付け根あたりの膨らみ部分に後谿(こうけい)というツボがあります。

そこを反対の親指でもみほぐしたり、強く押します。

後谿は、ストレスなど精神的な辛さを軽減させるツボです。

ここを刺激することで、多汗症の原因となる精神的要因を和らげることができます。

 

復溜(ふくりゅう)

女性の生理痛緩和や、冷え性緩和にも役立つツボです。

足の内くるぶしから指3本ていど上にあります。

ここを少し強めに、ぎゅーっと押しましょう。

水分の代謝が正常に整えられます。

いかがでしたか?

手汗を止めるには、毎日のマッサージがとても大切です。

定期的にツボを押してくださいね。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top