手汗に効果的な漢方

自然の力でやっつけろ!手汗に効果的な漢方

こんにちは、コラム担当の安田です。

ダラダラ流れ出る手の汗。

止めたいのだけれど、ケミカルな処方に頼らず、自然の力で治したい……

とお思いの方もいらっしゃるでしょう。

漢方にも、手汗に効果的なものがありますのでご紹介しますね。

●柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)

虚弱の人で、神経がいつも疲れている人に適しています。

心を安らかに落ち着ける漢方です。

柴胡は炎症をしずめ、桂枝は熱を発散させ、

乾姜は体をあたためる効果があります。

更年期障害や神経症、不眠症にも使われています。

寝汗を多くかいたり、頭部に汗をかきやすい人にも向いています。

●防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)

体の水分を調節し、疲れや痛みをやわらげます。

むくみぎみの多汗症や、水太りの人に適しています。

防已は水分の循環を促し、黄耆は汗を調節します。

色白で疲れやすく、汗をかきやすい人に処方されます。

●五苓散(ゴレイサン)

口が乾くのに、汗をかきやすい多汗症の人に向いています。

五苓散には、5種類の生薬で作られているので、この名前がつきました。

主な成分である“猪苓”は、利尿作用のある生薬です。

●補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

神経性発汗が強い人に処方される漢方です。

胃腸の働きを戻し、体力を回復させます。

滋養強壮作用のある人参と黄耆、

血行をよくして貧血症状を改善する当帰など、

10種類の生薬を混ぜて作られています。

●加味逍遥散(カミショウヨウサン)

精神不安やいらだちなどの精神神経症状をやわらげます。

女性ホルモンの変化による症状も軽減されます。

虚弱体質の人に向いています。

上半身の熱をさまし、無駄な水分を取り除くための生薬が各種配合されています。

上記以外にも、様々な漢方薬があります。

それぞれの性格によって手汗の原因は変わってきます。

つまり、イライラや気持ちの高ぶりが手汗に繋がる人、

ドキドキと緊張する事が原因の人、披露や睡眠不足などの生活リズムが影響している人

など、精神的原因はそれぞれ微妙に違うようです。

漢方薬は薬局でも手に入りますが、

飲み合わせによりトラブルの元となりますので、

必ず漢方医に相談の上、処方してもらいましょう。

また、漢方薬は長く服用することで効果が見えてくるものです。

それまで手汗に悩まされるのはいやだ、早く何とかしたい!という方は、

スイスの制汗剤AHCシリーズでとりあえず汗をピタッと止めて

サラサラな手になりながら、身体の中から改善していく

という方法も良いかもしれませんね。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top