手汗と手もみマッサージ

手汗で困っていたAHCスイスコラム担当の経験談

共感されるかたもいらっしゃるのではないでしょうか

========================================

tease02

週末 仕事の帰りに、マッサージに行ってみることにしました。

事務職で、一日パソコン作業盛りだくさん、疲れもたまっているので

マッサージでリセットしようというわけです。

行ってみようと思いついたのは、

今度新しく駅ビルに入った新装開店の手もみマッサージ屋さん、

チラシに割引券が付いていたのでお得感に惹かれて、チャレンジしてみる気になりました。

エステは、いったことあるけれど、マッサージは初めてです。

気に入ったら仕事の帰りに、いつでもよれていいなと、いく前から通う気満々でした。

●初めましてのご挨拶

割引券を持参してきたことを伝えると、「じゃあご指名はなしですね、すぐご案内します」

と、受付で説明されました。

そうかぁ、こういうお店は、マッサージの担当さんが気に入ると、指名という形で、いつも同じ人にお願いしたりもできるわけか、なるほど。と、学びました。

「お待たせしましたー、本日担当させていただきます●●です。」

きれいなお姉さんが現れて、笑顔で、手もみコーナーにいざなってくれました。

温かーい、おしぼりで、気持ちよく手を拭いてから、マッサージスタートです。

「何のお仕事されているんですか?随分、手のひらお疲れのようですね」

いい具合に、気持ちよく、モミモミしながら、気さくにお姉さんは話しかけてくれます。

揉む強さとか、お好みでおっしゃってくださいね、毎日だとストレスたまりますよね」

五分もしないうちに、私はすっかりいい気持になり、

「お姉さんの優しい心遣いといい、気持ちのいいマッサージといい、

こりゃあ、明日から、お姉さんご指名で、かよっちゃおうかな。

会員になれば割引とかあるのかな」なんてことまで考え始めていました。

すると、お姉さんの、すべるようなきれいな指先の動きが徐々に

滑らかさを失ってきました。

まずい・・・理由は一つ、私の手のひらが汗をかき始めたのです。

始めは、気にせず続けていてくれたお姉さんですが、

私の、手汗は、とどまるところを知らずに、泉のようにあふれてきます。

お姉さんが、一生懸命、揉んでくれればくれるほど、

ねっちょりとした、お互いの手、さすがのお姉さんも、

「初めてで緊張されてますかね・・手、お拭きしますね」と、

温かい、おしぼりをもう一本持参してくれて、再度マッサージ開始。

でも、あっという間に、手のひらは、ねっちょり。

もう、お姉さんも何も言えず、あと少しで時間だからといった様子。

私は恥ずかしくて、申し訳なくて、でも、手のひらの汗なんて、

止めようもないし、顔があつくなるのを感じながら、うつ向いて、

マッサージを続けてもらうしかありませんでした。

最後には、もう、脂汗でくさいんじゃないかと思うほど。

ああ、手汗のひどい私には、マッサージをしてもらうなんて、身に余る行為だったのね。

気持ちいいよりも、罪悪感にかられながら、お会計を済ませ、

お姉さんから、次回の割引券をもらい、「また来てもいいというの?お姉さん・・」

と、心の中で思いながら、店を出てきました。

「ごめんね、マッサージ師のお姉さん。こんな私をもんでくれてありがとう。

つかの間の出会いだったけれど幸せだったわ。」

顔のほてりは、落ち着いたけれど、駅で電車を待つ間、

よく、くっつく手と手を恨めしく思いながらさすっていました。

今になって、気にしない事も大切だと思えるようになり

楽しくお伝えできるようになった私の経験談でした。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top