初めてのデートと手汗

初恋なのに。。手汗に苦しんだ筆者の思い出

 

手汗に苦しんだAHCスイスコラム担当の

思い出話をシリーズで公開!

========================================

tease01

高校一年生の時の夏休み、初めて恋をしました。

お相手は、中学校の時の先輩の友達、なんとなく顔見知りではありましたが、

夏休みにみんなで、ライブを見に行って意気投合。

じゃあ今度は、デートしようねっていってくれました。

恋に恋する乙女時代、デートの日まで毎日、デートに向けての対策と準備を重ね、

身も心も意気込みばっちりです。

そして、 いよいよ初デートの日が来たのです。

二人とも、甘いもの好きと音楽好き、

お目当てのケーキ屋さんで、スイーツを満喫した後に、井之頭公園にお散歩に行きました。

夏の日照りは暑かったですが、二人は会話を弾ませながら、楽しくお散歩をしました。

あっという間に時間もすぎて、あたりは少し日が傾いてきました。

一緒にいられた、今日一日、話をすればするほど、

お互いが好きになっていくことを感じていました。

きっと彼も同じ思いでいてくれたに違いありません。

少し、涼しくなったベンチに並んで腰かけて、ちょっと、

お互い、ドキドキした雰囲気が漂います。

そう、もう少しお近づきになるにはグットタイミング、

この瞬間がまさに、ワンステップアップのタイミング、

間違いなく、今でしょ!というときです。

彼が、ちょっと戸惑いながら身を寄せてきます。

もちろん、私の心構えは、ばっちりです。

ウェルカム、ウェルカムと心の中でささやいていたその時、

「あっ・・ちょっと、待って・・・」

私はあることに気が付いて、彼が手を握ろうとした瞬間、

なんと彼の手をよけてしまったのです。

やばい、このままではやばいことになる。

慌ててよけた私は、あわてて何か理由を繕おうと、しどろもどろ

気まずい思いをしたのはどっち?

一気に、ムードを壊してしまった私、ステップアップも台無しです。

なぜ、待ち構えていたにもかかわらず、

彼が手をつないで来ようとしたのをよけてしまったか?

それは、その瞬間、私の手のひらは、緊張と期待で、汗だくになっていたのです。

もう、じっとりどころか、粘つくほどに。

熱さも手伝ってか、ひざの上に置いていた手のせいで、

手があったあたりのスカートが、ふやけてしまうほどのスチーム効果を発揮していました。

(これで手をつないでしまったら、ねちょっとしてしまう)

そう思って、彼の手を直前によけてしまったのです。

そのあとは、案の定気まずい雰囲気、とはいえ、本当の事情を説明するわけにもいかず、

かといって、ウソつくのもはばかられ・・・

と、しているうちに、「じゃあ、帰ろうか」って

、 きっと、(いえいえ、絶対)彼は、拒否されたと思ったのでしょう。 「違うんだよー、手をつなぎたいのは私も同じ気持ちなんだよー」

と、叫びたいけれど、言えなかったのです。

言えませんよね。

「手のひら汗だくなんです」なんて、

言って気まずい思いをしたほうが良かったのか、

言わなくて気まずい思いのまま、つまづいて終わってしまった初恋に、

今でも心がちくちくします。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top