もう嫌!手汗の原因と対策法

手汗に効く!制汗剤AHC30フォルテ

制汗剤AHC30フォルテ

 

 

手汗、足汗、脇汗。。。暑くないのに、

ここにはいつも汗をかいて困る そんなお悩みありませんか?

 

色んな場所に使えるハイクオリティ制汗剤、スイスのAHCシリーズはここがスゴい!

汗っかきさんが多いヨーロッパ製だから驚きの制汗力。

手汗はもちろん、 足汗、足の臭い、脇汗、ワキガ、額の汗、お腹、お尻、

首、背中、腕、胸の汗と、色んな場所に使える。

 ※ ただし、一度に広範囲、全身へのご使用は体温調節に影響を与えますのでおやめください。

強力なのに植物エキス配合で優しい。

寝る前に使うだけだから簡単。

一回使ったら効果が数日間ずっと持続するから付け直す手間いらず。

製薬産業が進んでいるスイス製で安心ハイクオリティ。

イギリス、ドイツなどのヨーロッパ、その他多くの国でも大人気。

汗と臭いにAHCシリーズ、体臭と加齢臭にブロメックス。

汗と臭いに特化したラインナップ!

※ 説明書日本語訳付き

 

 

手汗の原因は?

手汗の原因には、緊張やストレスを感じたときに自律神経が

刺激されて起こるものと、 横隔膜の退化によって自律神経のバランスが

崩れて起こるものがあると言われています。

自律神経とは、人間の生理的活動を行うために必要な信号を身体の各所に

与える回路のようなもので、交感神経と副交感神経 の2種類があります。

交感神経と副交感神経はそれぞれ相反する働きを持っていて、

交感神経が人を活動的にしたり緊張状態にする働きがあるのに対し、

副交感神経はリラックスさせる方に働きます。

交感神経が活発に活動することにより発汗が促進されると、

副交感神経が活発に活動して発汗が抑えられます。

しかし、手汗をたくさんかく人は 交感神経がより敏感で、

緊張や恐怖、不安やストレスによって交感神経の活動が強く活発になってしまい、

汗腺を刺激して汗をかいてしまいます。

また、横隔膜が老化や姿勢の悪さによって退化すると、

自律神経のバランスを保てなくなり発汗に繋がることもあります。

 

もう嫌!困った手汗の対策法

緊張やストレスを減らすと手汗も減る。

何も考えないようにするのが一番いい!

簡単な解決策のように聞こえますが、緊張するということ、

ストレスを感じるということ、 不安に思うこと、そして手汗を気にしないこと。

これらを自分自身でコントロールするというのは至難の技です。

手っていつも使いますね。 食べる、飲む、着替える、物を持つ、

字を書く、手を繋ぐ、開ける、電話する、掃除する、お料理する。。。

手を使わないのは寝ている時だけ。

好きな人と手を繋ぐ機会があっても、手が濡れているのが恥ずかしくて繋げません。

相手が不信に思います。

緊張しているのかな、可愛いなと思われるならまだいいけれど、

嫌われているのかもと誤解されかねません。

そもそも、ひどい手汗のせいで恋愛に臆病になってしまいがち。

字を書いていたら紙がぐちゃぐちゃになります。

それがテストとなると大変。 綿の手袋を履いて書くわけにもいかず、

とりあえずハンカチで何度も拭いてその場をしのぎます。 テストにも集中できません。

電話をかけていると電話が濡れてきます。

友達に かわって と言われてパニック。

電話をハンカチで拭いてから渡すこともできず、友達にびっくりされます。

お仕事でもかなり支障がありますね。

接客業で商品をお客様に渡す時、おつりを渡す時、

渡す物がベットリと濡れていてはお客様に迷惑です。

事務職で書類を書く時、大切な書類が濡れてしまいます。

パソコンを使っているとキーボードが濡れて壊れてしまいます。

このように、最も生活に支障をきたす汗は手汗ではないでしょうか。

そして、手に汗をかいている事自体がストレスになり、

緊張になり、不安になっているという 悪循環。

手汗を気にしない様にするというのは至難の技です。

この至難の技に挑戦するのもいいかもしれません。

ですが、手汗用の強力な制汗剤を使うという方法もあります。

制汗力に優れたスイス製の手汗用制汗剤を是非試してみてください。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top