多汗症の原因と生活習慣のチェック 1つでも当てはまれば危険?

多汗症の原因と生活習慣1つでも当てはまれば危険?

鼻を押さえる女性

汗がだらだらと流れ、服の汗染みも気になる程…。

「私、多汗症?」と思う瞬間は、どなたにもあります。

まずは、汗が出る理由と仕組みを理解しましょう。

あなたのその汗、きちんと原因があります。

 

1.一時的な発汗

ご存知の通り、汗は体温調節に欠かせない体の機能のひとつです。

病気によって体温が上がった時にその熱を冷ますための発汗は温熱性発汗、

緊張したときにじんわりと発汗するのが精神性発汗、

熱い物や辛い物を食べた時に発汗するのが味覚性発汗と呼ばれるものです。

これらは一時的なものですから、それほど心配するものではありません。

 

2.ちょっと心配なのが「続発性多汗症」

病気が原因となって表れるのが続発性多汗症と呼ばれるものです。

常にどこかに汗をかいているという状況がこれに当てはまります。

このうち、汗をかく部分が全身に広く見られるのは全身性多汗症。

そして、部分的に汗をかくのが限局性多汗症と言われます。

 

3.病気としての多汗症

多汗症というのはあくまでも現象です。

原因は、人それぞれ。

限局性多汗症は、腋や手のひら、足の裏に発生することが多く、

この場合は精神性発汗であることが多いといいます。

緊張しやすいタイプの人に表れやすいとされていて、

特に「これから商談」とか「社内会議でのプレゼン前」

などのようなシーンで表れやすいものです。

 

一方で、全身性多汗症は内分泌系や代謝性の病気、

中枢神経にまつわる病気などが原因であることが多いとされているものです。

汗を調節する自律神経がうまく機能していない状況なのです。

この全身性多汗症では、疑われる病気が何かを探り当て、

その病気自体の治療を行う必要が生じてきます。

 

4.一時的な物か、病気が原因のものかをセルフチェック!

汗をかく場所はどこですか?

・手のひら、足の裏

・体全体

・脇

 このうち、「手のひら、足の裏」であれば概ねが精神的な物です。

投薬や自律訓練法などの精神療法適応とされ、病院での治療対象となることもあるでしょう。

「体全体」であった場合は、発汗させてしまう原因となる病気が

他に存在することもありますので、その原因を排除するのが一番の解消法となるでしょう。

体自体が病気を示すサインを出しているのです。

余りにもひどい汗でお悩みでしたら、根本治療が必要となる場合もありますので

一度病院での相談をされてください。

 

5.生活習慣に問題が無いかのセルフチェックをしよう

病的な物でなくても、生活習慣が汗を呼ぶことがあります。

・お酒を飲みますか?

・辛い物が好きですか?

・揚げ物などの脂っこいものが好きですか?

・肉や乳製品を好んで食べますか?

・食事や睡眠などのサイクルは適切ですか?

・ストレスを感じた時、さらっと受け流すことができますか?

 

上記のポイントに当てはまるものが多ければ多いほど、

生活習慣で「汗をかきやすい体質」「ニオイやすい体質」になっていることがあります。

 

6.まず、生活の見直しを

「汗が気になる」程度で病院に行くことがはばかられる場合、

上記の生活習慣に関して正してみてください。

ストレスを溜めないことが最初のステップ。

食事の時間が不規則だったり、睡眠時間が極端に少なかったりすると、

どうしても精神的な余裕が生まれづらいものです。

ストレスを感じない心の余裕を持つためにも、

発汗をコントロールする自律神経を安定させるためにも、

睡眠・食事の適切なサイクルはとても大事なものです。

仕事が終わった後や週末には、リラックスできる時間を充分に確保できると更によいでしょう。

 そして、食生活。

近年の日本人、食事の欧米化が進んだことから動物性脂肪の摂取量が増えたことにより、

汗や体臭がきつくなる原因となっているとされています。

ヘルシーだと世界から注目されている日本食は、穀物と魚介類が中心です。

余分な脂分を摂取することなく、魚や大豆製品で良質なたんぱく質を摂ることができます。

胃腸へのストレスも少なくなりますし、味噌や醤油などの発酵食品で腸内環境も整えることができます。

仕事が立て込んでいるようなシーンで、何かを食べると胃がしくしくと痛む…

このような経験はありませんか?

食べ物が胃腸へ与えるストレスも、無視できないということですね。

このような痛みが、さらにストレスを生むこともあります。

日頃の食生活も、きちんと管理して頂きたいと思います。

 

病的ではない多汗症であれば、これらの生活習慣の見直しで軽減できることも少なくはありません。

「まだ病院に行くほどでは…」という方は、是非、上記のチェックリストを参考に

ストレスを溜めない健康的な生活を目指してみてはいかがでしょうか。

 

まずは自分でできることから、とお考えの方は、生活習慣の見直しと同時に、

汗そのものに効果がある制汗剤を試してみて頂きたいと思います。

 

汗やニオイへの対策が盛んなヨーロッパでの実績ある、

スイスの制汗剤AHCシリーズをお試しください。

「多汗症かも」「原因はいずれ詳しく調べたいけどまずは自分でできることから」

という方にこそ、一度お試しいただきたいと思います。

「一度の使用で汗がぐんと抑えられた」というお声も頂いています。

無料サンプルのご用意もありますので、是非お気軽にご注文ください。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

使う度に臭わなくなる!ヨーロッパで大人気の体臭・加齢臭・ワキガ用フォーム

ブロメックス+詰め替え用セット

体臭・加齢臭・わきがにお悩みならこちら

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top