多汗症に効くボトックス注射とは?

多汗症に効くボトックス注射とは?

こんにちは、コラム担当の安田です。

「ボトックス」って御存知ですか?

きっと美容整形にご関心のある方には、おなじみの言葉でしょう。

ボトックスとは、ボツリヌストキシンを主成分とする医薬品の名前です。

ボツリヌストキシンというのは、ボツリヌス菌から抽出したタンパク質の一種。

アセチルコリンの分泌を阻害する力があるため、一過性の筋肉麻痺を生じさせます。

そのため以前から、神経科などで顔面の痙攣などの治療に使われてきました。

ところで、ボツリヌス菌というと、一般的には食中毒を引き起こす原因物質を

思い浮かべますよね。

「食中毒を引き起こすバイ菌を体内に入れたら危険じゃないの?」と、

不安になるのも当然です。

しかし、ボトックスは、ボツリヌス菌の毒素から作ったワクチンで、

使う量も微量のため、食中毒を引き起こすことはありません。

ボトックス注射は比較的安全で、確実に効果が出るために、

美容外科の領域では顔面の小じわとりなどで、よく使われているんですね。

このボトックスは、多汗症にも効果があるんだそうです。

なぜ、汗をたくさんかく多汗症に、ボトックスが効くのでしょうか?

ふつう人間が活動する時には、交感神経からアドレナリンという伝達物質が分泌されます。

しかし、汗腺に関わる交感神経からは、アセチルコリンが分泌されるのです。

ボトックスは、アセチルコリンの分泌を阻害する力があるのは先ほどもお伝えしましたね。

ボトックスを注射した周りの汗腺からは汗が一時的に出なくなるため、

多汗症の症状を軽減させることができるのです。

ボトックス注射は、わきがや多汗症の治療を行う美容皮膚科などで受けることができます。

かかる費用は病院によってさまざまですが、両脇で1回6万円~かかります。

健康保険は適用できません。

スイス製の制汗剤AHCシリーズは、ヨーロッパでよく使われている強力な制汗剤です。

ボトックスはコスト面でという方は、日本人より汗をよくかき、

臭いもきついヨーロッパで開発された制汗剤AHCシリーズを試してみてください。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top