足の多汗症について

足の多汗症チェック

こんにちは、コラム担当の安田です。

今日は、足の多汗症チェックをしてみましょう。

次の項目に当てはまるものはありますか?

① いつも足が湿っている

② 素足で床を歩くと足あとが残る

③ 素足で乾いた砂の上を歩くと、砂で足が汚れてしまう

④ 靴を脱ぐと、靴の中が湿っている

⑤ 靴下がすぐに湿ってしまう

⑥ 足が臭う

⑦ 水虫がある

⑧ いつも足が冷たく、靴下が欠かせない

⑨ 冬はしもやけになりやすい

⑩ 足の裏の皮がめくれたり、水疱ができやすい

いかがでしたか?

6つ以上あてはまるという方は、もしかすると足の多汗症かもしれません。

足の多汗症というのは、足の裏に必要以上の汗をかく症状のことです。

人間の体には汗腺があり、そこから汗が分泌されますが、

足の裏や手のひらにも汗腺がたくさん集中しています。

原因はさまざまですが、緊張したり、強いストレスを感じると、

汗腺が刺激されて、汗が出やすくなるのだそうです。

足の多汗症は、足が汗で湿るのも困りものですが、

靴や靴下で覆われているために汗が蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすくなります。

そのため、足の多汗症で悩む人は、同時に足の臭いや水虫に悩まされる人も多いそうです。

足の多汗症では、汗をかくからといって、体温が高くなるわけでもないので、

足は冷たいまま湿ってしまいます。

「汗をかいているのに、足が冷える」「冬に、指が痒いなあと思ったら、

しもやけになっていた」というのも、多汗症が原因になっている場合があるようです。

足の多汗症対策には、これまでさまざまな対処法がありました。

たとえば、お酢を使った足浴。酢には雑菌の繁殖を防ぐ効果があると言われています。

毎日出かける前や寝る前に、お湯を張って酢を適量垂らした洗面器に足を

15~20分ほど浸してみてください。

お酢のかわりに、もっと経済的な木酢液を使うのもおすすめです。

お酢を使った足浴をすると、足の臭いが消え、水虫対策にも効果的なのだそうです。

足の多汗症チェック また、ミョウバンも昔から足のケアに使われています。

焼ミョウバンは、食品添加物として薬局やスーパーで手に入れることができます。

100gで60~70円程度と、とてもリーズナブルです。

焼きミョウバン50gを水道水1.5リットルで溶かして2~3日放置し、

ミョウバン水を作ります。

このミョウバン水を20~50倍の水道水で薄めて、

汗や臭いが気になる所に肌に塗ったり、スプレーをします。

朝出かける前にスプレーをすると、1日持続することもあるそうです。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top