体質改善が臭いに一番大切です

体質を改善することが、臭い対策に一番です。

 体質を改善するには、どうすれば良いか。

30代になってくると、臭ってきてしまうのが加齢臭です。

20代の頃はなんともなかったのに、急に臭いが気になりだしたという方は多いと思います。

こうした臭いを女性や彼女から指摘されることだけは避けないといけません。

消臭クリームやスプレーなどで誤魔化すことも出来ますが、

それでは根本的な解決にはなりません。

根本的に臭いの元を変えていく必要があるのです。

一番重要なのは、体質の改善をすることです。

体質の改善は、食事や運動をするなど様々な方法で行うことが出来ます。

食事面を改善することが重要です。

まず、食事面からのアプローチですが、これにはある程度の時間が必要になります。

我々の体から発する臭いは、昨日今日の食べ物が原因ではありません。

日々の積み重ねが臭いとして現れているのです。

きつい臭いの原因は、油を使った料理、肉類、アルコールなどが原因になるケースが多いです。

原因の全てがこれとは言いませんが、こうしたものの摂取を変えていくことで、体質改善は出来ます。

油料理は食べたいといった人は、油自体を変えてみると良いかもしれません。

肉料理などの脂質が多い食事中心では、血液がドロドロになり、体内の脂の質が悪くなるため、臭ってく

る原因になります。

臭いを減らしていくには、野菜を中心にした生活に変えていくとことをおススメします。

肉類が少ないと満腹感を感じにくいので、量増し料理や品数を増やすと効果があります。

玄米に抵抗がない人は、白米から玄米に変えてみるとさらに効果的です。

玄米には、ミネラルが豊富に含まれていて、バランスの取れた完全食品だと言われています。

こうした身近なところから改善していきましょう。

腸内環境を整えるのも、臭いを抑えるには効果的です。

食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌などは、腸内環境を整えてくれる作用があります。

こうしたものを多く含んだ食材を摂取することで、腸内環境を改善していくことは可能です。

なかなかこのような食品を毎日摂取するのも大変なので、サプリに頼ったり、ヨーグルトなどの乳製品を

取るのも良いでしょう。

これらの食事を改善していくと同時に運動をすることも重要です。

汗をかく習慣を身につけるようにしましょう。

汗をかくと臭いが出るから運動しないというのは分かりますが、それでは根本的な解決にはなりません。

汗の臭いを抑えるためには、汗腺機能を高めることが必要です

。汗腺機能を高めると、汗をかいても、汗に含まれるミネラル分が毛穴から吸収されます。

同じ汗でも気持ちの良い汗にだんだん変わっていくのです。

定期的に運動をして汗をかく習慣を身につけることが大切です。

運動と言うとハードルが高く感じられるかもしれませんが、普段の通勤を一駅手前で降りて歩いてみると

か自転車通勤に変えてみるとか何でも良いのです。

地道な努力が体質改善へと繋がっていくので、自分に出来る運動を始めてみると良いでしょう。

一般的に肌が入れ替わるのは28日程度かかると言われています。

そうしたところから考えると、最低でも1ヶ月はこうした努力を続けないと効果は現れてこないでしょう。

継続的にこれらの対策をすることで、知らないうちに体は変わってくるのです。

長い目で見て頑張ってしてみることが重要です。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top