汗と代謝の関係

汗かきさん必見!上手に汗をかくには基礎代謝を上げるべし

 

taishaase

 

「ダイエットには、基礎代謝を高めるといい」と、よく耳にします。

しかし、基礎代謝を高めれば、汗の悩みも解決するってご存知でしたか?

そうなんです!

基礎代謝を高めると、発汗サイクルが改善されて、

正しく汗をかける体質にかわります。

つまり、

「あっ、こんな大事なときに脇汗がでちゃった……」

みたいな、不意の汗も減るようになるってことです。

もちろん、基礎代謝を高めることで太りにくい体質にもなりますよ

基礎代謝を高めることは、何故いいの?

まず、基礎代謝とはどういうものを指すのでしょうか?

基礎代謝とは、人間が生きるために必要最低限の機能を

維持するためのエネルギー代謝のことです。

人間は、じっとしていても、寝ている時にもエネルギーを発散しています。

1日につかう約7割のエネルギーは、運動ではなく、

この基礎代謝によるものだと言われています。

基礎代謝が少ないと、体の中の脂肪を燃焼しにくい体になります。

逆に、基礎代謝が高いと、いつでも体の中で効率的に

脂肪を燃焼できるので、太りにくい体質になるのです。

基礎代謝をあげるとダイエットによいほかに、さまざまな利点があります。

たとえば、酸素が体内に回りやすくなるので、

細胞が若返り、肌にもハリがでます。

また、内臓脂肪も燃焼されるので、コレステロールや中性脂肪の

増加にも歯止めをかけます。

基礎代謝をあげることによって、体内の脂肪が上手に燃焼されるようになると、

体温の調整がとてもスムーズになります。

運動をすればガッツリ汗がでますが、平常時に無駄な汗は出にくくなるのです。

汗かきさんの悩みの多くは「とくに動いてもいないのに汗が出てしまう」

というものでしょう。

体を動かしていないのに、なぜか汗ばんでしまいます。

これは、体内のサイクルや自律神経のコントロールが

うまくいっていないからです。

基礎代謝をあげると自律神経も正常に近づいていきます。

つまり、無駄な汗を止めるには、基礎代謝を上げることが一番の近道なのです!

taishaase2

 

一口で基礎代謝をあげる、といっても、どのようなことをすればよいのでしょうか?

基礎代謝をあげるには、特別な運動が必要なわけでもなく、

日々の生活の中で鍛えることができます。

たとえば……

 

●階段を嫌がらない

→日々の生活で生じる運動でも、面倒臭がらずに行うことが基礎代謝アップに繋がります。

階段を上ったり、電車を使わずに徒歩で移動するなど、「めんどうくさい」を排除すればよいのです。

●体を冷やさない

→基礎代謝をあげるには、体を冷やさないことが大切です。

たとえば、夏でも腹巻をする、冷たい飲み物を飲まない、しょうがなど体を温める食材を取り入れる、

シャワーでなくお風呂に入る……など、体を冷やさないように心がけてください。

●早寝早起きを心がける

→基礎代謝と自律神経は常に関連しています。

夜は遅くまで起きずに11時までには寝て、朝はきちんと日光を浴びる生活をすると、

自律神経が整います。

自律神経が整いだすと、きちんと代謝できる体に近づいていきます。

ほかにも、ストレスをためない生活を心がけることも重要です。

基礎代謝力をアップさせて、きちんと発汗できるボディづくりを目指しましょう!

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top