体臭を改善するための生活習慣

体臭を改善するための生活習慣

誰でも気になるのが体臭です。

特に汗をかいた後には体臭が気になるものです。

実は私は現在30代の男性なので、体臭に加えて加齢臭も気になり始めてきました。

では、どうすれば汗をかいた後に、体臭が気にならないようにできるのでしょうか。

どんな対策ができるでしょうか。今日は、その点について記したいと思います。

 

臭いの元になるものとは?

誰もが体臭が臭くならないようにしたいものです。

では、まず対策を考える前に、そもそも体臭の元になるものについて分析してみましょう。

まず体臭の元として挙げられるのが食べ物です。

にんにくなどは食後に口臭の元となります。

しかし、実は意外と知られていないのが、ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜です。

実はこの種の野菜にも硫黄分が含まれており、それが体臭、口臭の原因となっています。

何でも食べすぎはいけないということなのかもしれません。

さらに、体臭の元となるのがお酒です。

例えば、ビールなどちょっと飲みすぎた次の日に流す汗は、

ビールの臭いがするという経験はないでしょうか。

お酒も分解され、そしてそれが汗として発散されます。

その汗が体臭の原因となります。

また、汗でもさらに臭いがきついものがあります。

それはストレスによってかく汗です。

この汗はアポクリン腺と呼ばれる汗腺から出る汗で、

臭いが一番強い汗として知られています。

このように、体臭の原因には様々な要素が関係しているようです。

 

実際にどのように対策すればいいのか

では実際にどのように対策すれば良いのでしょうか。

体臭の元となるのは汗であることが分かりました。

しかし、汗の量をコントロールすることはなかなかできません。

そして、実は適度に運動して汗を流しているほうが汗腺に余計な汚れが溜まらずに、

実は体臭には効果的です。ですので、まずは適度に運動することが必要です。

汗を流す機会をつくりましょう。

さらに、汗を流した後は、汗が付着した衣類を着替えるなら臭いの元を断ち切ることができるので、

非常に効果的です。

また、普段取る食事にも気をつけることができます。

例えば、きちんと野菜を取るように心がけましょう。

肉ばかり食べる人は、代謝が悪くなり、それが汗腺に汚れが溜まる要因となります。

また、お酒を飲みすぎないことも必要です。

結局、体臭を改善するためには、健康的な人間らしい生活を心がけることと一言で言うことができます。

適度な運動と食事、ストレスを作らないことが一番効果的です。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top