汗にお困りの方は要チェック、制汗剤を効果的に使う5ポイント

汗にお困りの方は要チェック
制汗剤を効果的に使う5ポイント

Closeup on woman applying roller deodorant on underarm

 汗を止めたい一心で飛び込んだドラッグストアの店頭には、多種多様な制汗剤・デオドラント剤が所狭しと並んでいます。

近年では夏・冬問わずの品ぞろえで、何を選んだらよいのかわからないという方もちらほら。

制汗剤の効果を吟味するために、いわゆる「制汗剤ジプシー」をしている方も多いのではないでしょうか。

 そもそもの、制汗剤が汗に効果的な理由をご存知ですか?

 

1.ひとことで「制汗剤」といっても―

あまたある制汗剤ですが、本来の意味で「汗を抑える=制汗剤」というものは数少ないというのが現状のようです。

店頭でよく見かける制汗剤の多くは、消臭や殺菌効果により汗のニオイを防ごうとするものです。

 ニオイも気になるけれど、汗自体が気になる―という方には、「本当の制汗剤」を探し当てて頂きたいと思います。

汗を抑える方法は主に二つあり、

・汗をかく前に毛穴をふさいでしまう

・収れん作用(毛穴の引き締め)によって汗をでにくくする

ものです。

パッケージに「汗染み対策」などの、汗自体に効果があるような文言が付いていれば、おそらくそれは正しい意味での制汗剤でしょう。

 

2.体質によって使い分けることで得られる効果

よく言われることに「耳垢のタイプで自分の体臭の度合いがわかる」―があります。

乾燥したものならば体臭もそう気にならないタイプ~じっとりとしたものならば体臭がキツいタイプ、といった具合です。

 体臭がさほど気にならない方でしたら、スプレータイプでもよいかもしれません。

汗も多くニオイも気になるのなら、クリームタイプやロールオン式などの「直接塗るタイプ」がお勧めです。

このような直接塗るタイプは、塩化ベンザルコニウムや銀イオンなどの殺菌成分もきちんと配合されているものが多く、ニオイに対する備えが期待できます。

 

3.重ねづけには要注意

汗やニオイが気になるからと言う理由で、日中何度も制汗剤を付け直すという方も少なくないのではないでしょうか。

こういった時は、是非とも「ウエットシートなどで一度きちんと拭き取ってから」という手順を踏んでください。

 スプレータイプのパウダーは既にかいた汗で固まってしまいますし、直塗りタイプは粘度が高いことから更にべたべた感が増してしまいます。

肌の感覚だけでなく、洋服まで汚してしまいそうですね。

一度、肌をきれいにし、乾かしてからが最善なのです。

既に発生しかかっているかもしれない菌を一度落とすという意味でも、とても大事なステップ。

制汗剤の効果をより高める意味でも必要です。

肌と洋服のケアという面からも、この手順を飛ばしてほしくはありません。

 

4.汗腺をふさぐタイプのものは、夜使うのがベスト!

日中、汗腺は体の体温調節のために忙しく働いています。

この汗腺の働きが落ち着いている夜に制汗剤を使用することが、その効果を最大限に引き出すためのコツとされています。

特に汗腺をふさぐタイプの制汗剤ではこれが顕著。

 

入浴で体を清潔にし、ある程度体から湯上りの熱さも抜けた頃、つまり就寝前に制汗剤を使用しましょう。

そうすることによって、制汗剤の「ふた」がきれいに毛穴に密着するのです。

 

5.必要以上に強力な殺菌成分を求めない

皮膚の表面は、表皮ブドウ球菌などの常在菌により覆われることで、他の菌の繁殖を防いでもらっています。

いくら善玉菌だと言え、菌だから…と必要以上に嫌わないでください。

何せ、他の悪玉菌をやっつけてくれているのです。

 

このような観点から、体臭もそうきつくなく、わきが体質でもない限りは、闇雲に「殺菌力」を求めない方がよいでしょう。

菌のバランスが崩れ、むしろニオイが気になる状況に陥ることもあり得ます。

大事なのは皮膚の状態です。

これら殺菌成分が肌を荒らすこともありますので、要注意ですね。

荒れた肌を元に戻そうと、皮脂の分泌が更に進むことも考えられます。

 

制汗剤の効果を引き出そう

これまで見てきたように、制汗剤の効果を得ようとするあまりに、無理に重ね付けをすることがよくないとがわかってきました。

まずは自分自身のニオイの程度や求める効果によりタイプを選別しましょう。

そして、必要以上に強力な殺菌作用を求めるのもよくありませんでした。

効果の高い物を最小限に使用することが大切なのです。

AHCスイスが取り扱うAHCシリーズには、 植物エキスが配合された 「AHC20 センシティブ」、仮に赤味やかゆみが気になる時にこれらの反応を最小限に抑える「Nutric」もご用意しています。

制汗剤としての効果を引き出しながら、肌のケアも行える組み合わせです。

しかも、夜寝る前にコットンで優しく擦り込むだけの制汗剤ですから、使用方法の面でも理にかなったつくり。

汗そのものを止める制汗剤として、一度お試しいただければと思います。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

制汗剤AHCシリーズ 詳細はこちら

 

使う度に臭わなくなる!ヨーロッパで大人気の体臭・加齢臭・ワキガ用フォーム

ブロメックス+詰め替え用セット

体臭・加齢臭・わきがにお悩みならこちら

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top