口臭にオーラルケア

口臭の原因は、意外な○○だった…! 正しいオーラルケアとは

oralcare

 

体臭の中でも口臭は、人から嫌われる一番イヤなニオイです。

相手の口からモワ~~ッと、鼻をつんざくニオイが漂ってきたら、

相手がいくらどんなに美人でも「ご勘弁を!」と言いたくなりますよね。

口臭は、自分で確認できないところもツライところです。

話している相手が鼻に手をあてたり、イヤな顔をしていると、

「もしかして、私の口がクサイのかしら?」と勘ぐってしまいます。

 

自然な口臭は誰にでもあるもの!

自然な口臭は、誰にでもあるものです。

口が臭くない状態のときでも、多少なりともにおっているのです。

自然な口臭は、食べかすや食べたものの粘りが口の中で雑菌と繁殖して発生します。

しかし、通常は唾液が菌の発生を抑えるために、口臭も出にくくなっているのです。

つまり、唾液が少ないと、口臭も出やすいという関係性があります。

「もしかして今、口臭が出ているかも」と思う時には、ガムや飴、

マウスウォッシュなどで唾液の分泌を促すと、口臭が抑えられます。

 

口臭の一番の原因は、食べ物と虫歯!

餃子や焼肉を食べると、「口が臭~い」と言われますよね。

これは当たり前の話です。

ニラやにんにく、肉や脂っぽい食べ物は、消化時に強い臭気を発します。

これが口臭の元となるのです。

また、アルコールも要注意です。

明日は重要な会議がある、という時には、焼肉やお酒を飲むのは

控えたほうが無難です。

また、体の病気も口臭に繋がります。

胃腸の病気や、呼吸器系、糖尿病などがあると口臭が

強くなる傾向にあります。

匂いの強い食べ物を食べていないのに慢性的な口臭がある、

と思う方は、一度ヘルスチェックに行かれることをおすすめします。

それから、慢性的な口臭の原因のNo.1は、虫歯(歯周病)です。

虫歯や歯周ポケットで虫歯菌が繁殖すると、強いイヤなニオイを発します。

それが口臭となるのです。

虫歯による口臭は、虫歯を治さない限りは消滅しません。

逆にいえば、口臭は虫歯のサインとも言えるのです。

 

oralcare2

 

 

口臭を防ぐには……毎日のオーラルケアが大事!

口臭、そして口臭の原因となる虫歯を防ぐには、歯磨き以外方法はありません。

朝・昼・晩、食事の後には必ずていねいにブラッシングをしましょう。

また、歯ブラシだけでは歯の隙間や歯周ポケットに入った細かい

食べかすが取り除けません。

歯間ブラシやデンタルフロスを使い、隙間のゴミをきれいに取り除くことが

口臭防止への近道です。

歳をとると歯肉が衰え、歯周ポケットができやすくなります。

30代を過ぎたら、ていねいなブラッシングを心がけ、

定期的に歯石をとることを心がけましょう。

毎日のまめなオーラルケアで、イヤな口臭からオサラバしましょうね!

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top