匂いと恋愛の相関関係!
異性にモテる匂いを身にまとう方法

匂いと恋愛の相関関係!異性に
モテる匂いを身にまとう方法

スキンケア中の女性

「女性は恋愛対象になる男性をDNAレベルのニオイでかぎ分けている」

などという記事がネットで飛び交った時期がありました。

とある大学での実験では、複数枚の洗濯前のシャツが用意されました。

被験者である女性が、これらのシャツの「匂いが好き」という順に並べたところ、

遺伝子的に遠い順だったといいます。

 

一方、男性にはこの性質はみられなかったようです。

男性の好む女性の匂いは、シャンプーや香水などの

いわゆる人工的な「後付け」の香りでした。

 

とても対照的な結果ではありますが、共通点があります。

それは、ずばり「悪臭ではないこと」!

 

このポイントを踏まえながら、「異性にモテる匂いを身にまとう方法」

を考えてみましょう。

 

1.男性編―1に清潔、2に清潔…

先の実験結果からわかるように、(悪臭ではない限り)

体臭自体が女性に訴えかける場合があります。

その点から考えると、やはり自分自身の匂いを大事にしながらも、

清潔第一が正解です。

よほど特殊な女性でもないかぎり、「加齢臭が好き」

「こもった汗のにおいが好き」という人はいません。

制汗剤や消臭剤の使用や、きちんと手入れされた衣服がモノを言います。

恋愛には、やっぱり清潔感が第一!

男女の区別なく、安心できる匂いは、「石鹸」「柑橘系」など、

誰もが幼いころから日常的に接する香りなのだそう。

もしも香水やコロンなどを選ぶ場合は、このような「安心できる香り」を選ぶとよいでしょう。

今では男性が香りをまとうことも珍しくなくなりましたが、

社会人として目上の方と合う場合、「男のくせに香水か」という世代の方と

会うことも少なくないでしょう。

こういう場合にも備え、シャボンの香りなどの柔らかで

清潔感あふれるものをチョイスするのが無難です。

きちんと手入れされた衣服なんだな、というクリーンなイメージも

抱いてもらえることでしょう。

もちろん、このような清潔なイメージを抱かせる香りは、女性ウケもよいはず。

特にオフィスなどでは「デキる男」の印象付けにうってつけです。

 

2.女性編―男性は「後付け」の香りが好き

エレベーターの中でシャンプーの香りにはっとした、

という言葉も聞かれるほど、男性は意外にも人工的な香りに抵抗感がないようです。

言い換えれば、香りによって与える印象さえも左右できる、ということ。

男性は、このような後付けの人工的な香りから、

恋愛にまで気分が高まることもあると言います。

香水などの香りは、基剤となるアルコールに

どれだけの分量の香料を配合するかにより持続時間が変わります。

一番香料の濃い香水(パフューム・パルファム)は7時間ほど、

オードトワレは3時間ほど、オーデコロンは2時間ほど香りが持続すると言われます。

もしも1日の内にイベントが立て込み、香りを付け替えたい場合は、

軽いオーデコロンを選ぶようにするとよいでしょう。

衣服を変えるのと同時に、オーデコロンでイメージチェンジが可能です。

ですが、やはり基本となるベースの香り(ベースノートといいます)が同系統であれば、

後につけるコロンと混じり合ってケンカをせずに済ませられます。

ネットでもこのような香水に関する情報は簡単に探し出せますから、

1日のうちで香りの衣替えをしたい場合は、同系統のベースノートのものを

チョイスしておいてください。

 

男女共通―制汗剤に注意!

よい香りをまとうためには、当然体臭はきちんとカットしておくべきでしょう。

日頃は便利な「匂い付き制汗剤」は、香水をつけるときにはNG。

香り同士が主張しあい、ケンカをしてしまいます。

香りをまとうことを決めた日は、無香の制汗剤が必須アイテム。

もちろん、香りをつけない日も無香制汗剤はマストでしょう。

今や、満員電車での柔軟剤の香りでさえ「スメルハラスメント」

として取りざたされています。

無香の制汗剤・消臭剤をベースに、必要な時だけピンポイントで

香りを短時間まとうのが「香り上手」なのです。

オーデコロンは、香る時間が短いだけでなく、

香りそのものがいい意味で軽いので嫌味がありません。

失敗しない香りのまとい方は、

・制汗剤や消臭剤は無香性

・オーデコロンのような軽めのものを選ぶ

ことが大きなポイントです。

また、

・体臭が比較的少ないとされている日本人には、

ムスクなどと呼ばれる動物性の香りは敬遠されがち

ということも付け加えておきましょう。

 

やはり、基本は「無臭」

香りをまとうにしても、まとわないにしても、やはり基本は「無臭」がベストです。

汗臭くない、脂臭くないこと、です。

香りをまとうならば、更にこの「無臭である」ことはとても大切。

体臭とブレンドされ、良い具合に香る香水に出会えることはまれです。

香りについてきちんと学んだことのある方以外は、

このような香水に行きつくのは至難の業のはず。

また、香水選びをする時も、店頭に並んでいるものの中から

いくつかを試しに嗅いでみますが、きちんと嗅ぎ分けられるのは

最初の3つまでとも言われます。

香りの選び方で失敗を防ぐためにも、まずは「無香性の制汗剤・消臭剤」

と「シャボンや柑橘系の安心できる香り」から始めてみてください。

「あの人の第一印象は?」「ええ、香りが強くて苦手でした」

―これでは恋愛に発展することはほとんど望めないでしょう。

 

私たちAHCスイスがご提案する制汗剤「AHCシリーズ」と

体臭剤「ブロメックス」は、夜寝る前のご使用でOKです。

汗やニオイを防ぐだけでなく、お出かけ前の香水の邪魔をしません。

体臭をカットし、良い香りでイメージアップ!のお手伝いができるのです。

 

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

使う度に臭わなくなる!ヨーロッパで大人気の体臭・加齢臭・ワキガ用フォーム

ブロメックス+詰め替え用セット

体臭・加齢臭・わきがにお悩みならこちら

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top