不快な胸汗、どうしてますか?

不快な胸汗、どうしてますか?

 

こんにちは、コラム担当の安田です。

寒い冬が終わり、春が近づくと気になるのが、胸の谷間の汗。

多汗症の人でなくとも、いつの間にか谷間に大粒の汗がふきでて、

ヌルヌルベタベタ、気持ち悪い。

しかも、放っておくとアセモの原因にもなるために、

とてもイヤなものですよね。

 

どうして胸の汗がでるの?

ときどき胸だけ汗をかく人がいますが、これはどうしてなのでしょう?

人間の汗のかきかたには二種類あります。

一つは、全身汗。

もう一つは、部分汗、です。

全身汗というのは、その名の通り、

体の全身でかく汗のことです。

たとえば、暑い夏の日には、体の表面のあちこちから汗が吹き出します。

また、岩盤浴などを行うと、じわじわーっと体表から汗が吹き出してきます。

人間の体には、500万ちかくもの汗腺があると言われています。

それがいっせいに開いて、ドバーッと汗を出すのです。

全身汗がでることは、健康な証拠でもあります。

反対に、部分汗というのは、体の一部で汗をかくことです。

ジョギングをしたのに、背中や腕からは汗があまり出なくて、

胸だけから異常に汗がたくさん出る人もいます。

これは、全身の汗腺がすべて機能せず、

部分的には休眠した状態となり、

一部の汗腺だけで汗がでる状態なのです。

一般的に、年を老いてくると部分汗が出やすくなると言われています。

毎日発汗する習慣がないと、汗腺はどんどん退化していきます。

ですから、部分汗を防ぐには、

定期的に汗をかく習慣をつけることが一番大切なのです。

週に1〜2度はサウナに入る、

週に2〜3度は少し汗ばむ程度でよいのでジョギングをする、

など、心がけるとよいですね。

 

こんな不快な胸の汗、どのようにケアすればよいでしょうか。

おすすめの方法をまとめてみました。

 

★胸の合間にガーゼハンカチを入れる

脇の下の汗ならば、脇汗パッドを使えばよいのですが、

胸となると、そうはいきません。

お母さんの世代だと、よくブラジャーの間にガーゼハンカチを挟んでいる人も見受けられます。

昔、着物を着ていた時代、そのように胸の間に布を挟んでいたようです。

試しにやってみると、意外といいものです。

汗が谷間に溜まらずに、いつも爽やかにいられます。

ただ、胸のあいたシャツが着られなかったり、

いつ、ハンカチがポトン!と落ちるか分からないので、

あまり実用的でもないようです。

また、男性にも向きませんね。

 

★胸の下をギュッと紐でしばる

胸の下のラインを腰紐などでギュッとしばります。

窒息しない程度に、でも強めに縛ることがコツです。

縛ってしばらく経つと、汗がサーッとひきます。

もちろん苦しくなる前にやめてください。

これは、半側発汗(はんそくはっかん)という作用を利用したものです。

半側発汗とは、身体の片側に圧を加えると、

反対の片側だけが発汗する、という作用のことで、

高木健太郎という先生が発見しました。

昔、着物を着ていた時代に日本でもよく行なっていた方法です。

今でも舞妓さんが実践しています。

帯でギュッと胸の下を締め上げると、

顔の汗でお白いが崩れるのを防ぐことができるのだそうです。

 

★機能性インナーを利用して

胸汗で悩んでいる人は、男性よりも実は女性のほうが多いのだそうです。

男性の場合は、胸に少しくらい汗をかいても変ではないものの、

女性だと恥ずかしさが先行するから、のようです。

また、女性のほうが肌に密着した服を着ることも関係しているようです。

最近では、汗を蒸発させる機能性インナーが多数発売されています。

また、ブラジャーの胸の谷間に取り付ける汗取りパッド、というものもあります。

多くが消臭機能であったり、可愛らしいレース仕様だったりするので、

積極的にそういった商品を活用することもおすすめです。

 

★レイヤー使い(重ね着)で胸汗を目立たせない

どうしても胸汗をかいてしまって困る、という方は、

胸汗を目立たせない工夫も大切ですね。

汗ジミが目立ちやすいグレーやピンク、単色使いは避け、

比較的目立ちにくい白や黒のものや、柄物を選ぶとよいでしょう。

着方も、シャツ一枚だとシミが丸見えになってしまうので、

レイヤード(重ね着)にするなど工夫をすることで、

汗ジミが目立ちにくくなります。

「今日のスタイルなら、汗ジミがバレないな」と思ってしまえば、

緊張して汗ジミが増えることも避けられます。

 

★胸汗をしっかりとめる制汗剤を使おう

以上、いろいろな胸汗ケアの方法をご紹介しましたが、

胸汗をきちんと止められれば、それに越したことはないですよね。

そんなことムリでしょう!

と、おっしゃるかもしれません。

いえいえ、あるのですよ、胸汗をピタリととめる方法が。

それが、スイス生まれの制汗剤、AHC20センシティブです。

是非試してみてください。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top