体の酸化が体臭に

体の酸化が体臭の原因に?!

酸化する ということをよく耳にします。

酸化するというのは、いわば錆びるということ。

老化するということにも言い換えられます。

体が老化するって、とってもイヤ~な感じですよね。

そのイヤ~な酸化、実は体臭の原因にも

なっているのです。

 

加齢臭の原因ノネナール

加齢臭の原因は、皮脂が酸化して変質した

ノネナールという酸化物質によるもの。

肌表面に出て来た脂質は、

そのままではさほど臭くないんです。

それが、肌表面の垢や汗と混ざり、

時間が経つと更に酸化して独特の

キツイ臭いが発生するというわけです。

その皮脂の元となるのはやはり食事なのですが、

皮脂をあまり分泌させないためには、

脂肪分の多い食べ物を控えてください。

また、摂った脂肪分を体内でも体外でも

酸化させないことが、体の臭いだけではなく

美や健康にとってとーっても大切なんです。

動物性食品や油っこいもの、

精白食品、食品添加物を食べると

腸内が酸化して悪玉菌が増えます。

できるだけ腸内の善玉菌を増やして、

腸内環境を整えることが若さや病気の予防、

体臭の予防にもなるので、

発酵食品や抗酸化ビタミン、

ファイトケミカルといったものを含む

食品を食事に取り入れてください。

 

karadasanka

 

 

その食品とは

何か難しい言葉が出て来たけど、

それを含む食品って一体何なの?

と思いますよね。

発酵食品とは、味噌や醤油、納豆、酢、

みりん、漬け物などのことです。

抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンには、

βカロチン、ビタミンE、ビタミンCなどがあります。

βカロチンを大量に含むのは、人参、ほうれん草、

カボチャ、トマトなど、色の濃い緑黄色野菜です。

ビタミンEを多く含むのは、

エキストラバージンオリーブオイル、ごま、ナッツ類など。

ビタミンCを多く含むのは、レモンなどの柑橘系の

果物やゴーヤなどです。

ファイトケミカルとは、ポリフェノール類である

リコピン、セサミン、茶カテキンなどが有名です。

挙げてみると、結構身近によく食べているものばかりですね。

体の酸化を出来るだけ予防して

臭いのない美しい体づくりを心掛けてくださいね!

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top