脇の臭いに重曹スプレー

脇の臭いに重曹スプレーが効果を発揮する?!

 

重曹は色々なことに使われる優れたものですが、どこにでも売ってあるため

入手が容易なのもメリットの一つです。

ホームセンターや薬局などで普通に売られています。

例えば薬局では、オキシドールや消毒用アルコールの置いてある棚に

重曹も並んでいることが多いです。

この重曹は掃除や調理に利用されますが、

実は脇汗のニオイを防止する働きもあるのです。

 

jyusouwakinioi

 

ではどうやって重曹を脇につけるのかを紹介しましょう。

方法はいたって簡単で、重曹を水に溶いて、脇に塗り込むだけです。

この重曹を溶かした水は制汗スプレーとしても使えるので、

霧吹きに入れて常備しておくのもいいと思います。

重曹は人体になんら悪影響を及ぼさず、なおかつ消毒や消臭の効果が非常に高いのです。

これが脇汗のニオイを消してくれます。

また、脇汗でシミや黄ばみが出来てしまうと、

この汚れはなかなかしつこいため、諦めてしまっている人も多いかもしれません。

しかし、重曹につけ置きしてから選択すると、見事取れることが多いので、

このような時にも重曹を使ってみてください。

脇汗対策に限らず様々なことに使えるので、一家に一つ、重曹は常備しておくといいですね。

 

オリジナル重曹スプレーの作り方

重曹スプレーはアロマオイルを用いてオリジナルのものにし、

携帯用オリジナルスプレーにすることもできます。

手軽に作れるので、興味のある人は作って見てください。

【用意するもの】

重曹大さじ1

好きなアロマオイル

水100ml

持ち運びようの小さいスプレー

まず、水100mlに重曹大さじ1とアロマオイル3滴を入れて

よく混ぜ合わせます。

重曹に抗菌作用や消毒作用があるのは上記のとおりですが、

アロマオイルにも汗のもとを抑えていい香りを出すという

アロマ独自の効果があります。

これを持ち運び用のスプレーに入れます。

コンパクトなサイズならポーチに入れることもできてオシャレでしょう。

これを外出前、あるいは外出先で汗をかいて気になった時、

素肌の脇に3プッシュくらいスプレーすると非常に効果的です。

このスプレーを使う事で、汗のべたつきが気にならず、

脇の嫌なニオイは消えてなくなり、自分で選んだアロマオイルの香りが

一日中続くことになります。

おすすめのアロマオイルはラベンダー、ティートゥリー、ペパーミントです。

これらのアロマオイルはさわやかな香りが長続きし、抗菌作用も持っています。

水は100mlを限度として、使い切りサイズで作るようにしましょう。

腐敗防止のために一週間ほどで使い切るようにしてください。

多く作ったならば、冷蔵庫で保存するようにしますが、

100mlごとにその都度作るのが最もいい方法です。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top