いい香りのする女性になる!
今日からできる実践法5つ

いい香りのする女性になる!今日からできる実践法5つ

美容・脇

 

「いい香りのする女性」―どういった女性を言うのでしょうか。

もちろん、香り付けというひと手間のかかった、オシャレに気を抜かない人ですね。

あとは、香りが強すぎない、節度を守ったマナーの範疇の香水の使用も大事なポイントでしょう。

香りをまとう、という表現があるように、やはりすれ違った時にふんわりと香る事が重要で、

配慮の必要なところかもしれません。

自分が気づくほどに香水をつけてしまうと、実はそれは「タブー」です。

周りの人には、強すぎる香りを感じさせてしまっているかもしれません。

今回は、「いい香りのする女性」に近づくための香水やコロンの使い方について 考えてみましょう。

 

1.香りの弱いオーデコロンを1日に数度つける

「匂いと恋愛の相関関係!異性にモテる匂いを身にまとう方法」でも触れたように、

同じメーカーの香りでも、一番香料の濃い香水(パフューム・パルファム)は約7時間、

オードトワレは約3時間、オーデコロンは約2時間と、香りの持続時間が異なるはずです。

できれば、オーデコロンを使って頂きたいと思います。

というのも、一番濃い香水は付けた直後に乗るであろう満員電車などで

「香害」となる可能性があるからです。

オーデコロンは、基剤となるアルコールに対する香料の濃度が低いため香り立ちが弱いので、

「ふんわり香る」状態を作れます。

香りの持続時間は確かに短いですから、1日に数度付け直す必要があるかもしれません。

ですが、そのひと手間をきちんとかけられる女性こそ、隙のないオシャレさん。

自分の印象をコントロールする香りだからこそ、人に迷惑なほど香ってはならないのです。

 

2.つける時間をコントロールする

香水など、香りを楽しむ化粧品を使用するタイミングは、

出かける30分前がベストと言われています。

香水の類を使ったことのある方ならご存知の通り、

スプレーした瞬間は一番「とんがった」香り(トップノート)がします。

その香水の特徴ともいえるトップノートではありますが、

実はこの香りが人それぞれ好みの分かれるところなのです。

この、好みの分かれるタイミングを過ぎると、柔らかく落ち着いた香りになるはず。

これがミドルノートと呼ばれ、香りが丸くふわりと感じられるのです。

出かける直前にシュッ!―これはNGです。

 

3.洋服にはつけない

香水の類は、アルコールと香料でできています。

そのため、洋服の素材によっては生地自体が傷んだり、シミになったりします。

お気に入りの洋服が傷んでしまってはとても残念。

また、香りの染み着いた洋服が満員電車内で他の人の衣服に触れ、

その人に香りを移してしまうのもマナー違反です。

その相手が男性であれば、あらぬ疑いをパートナーにかけられトラブルに発展してしまうかも…。

見知らぬ人にまで配慮できるのが、素敵な女性なのです。

 

4.つける箇所で香り立ちが変わる

少し前までは、耳の後ろやうなじと言われていましたが、現在ではそれもタブー。

やはり満員電車などでは他人の顔のそばに位置する部分であるだけに、避けた方がよいでしょう。

ももやひざなどにつけるのがよいかもしれません。 香りは下から上にあがるもの。

足の動きにつれ、ふわっと香りがあがってきます。

ウエストもよいかもしれません。

服に包まれていますからダイレクトに香りが上がってくることもありませんし、

モモやひざほど人の顔から遠くありませんから、

上手につければ程よく香りを楽しめるでしょう。

 

5.絶対NGなのは「汗をかく場所に香水をつける」

汗のニオイを消すために香水を使用する人はいらっしゃらないでしょう。

目的はいい香りをさせるためですから―。

汗をかきやすい部分に香水の類をつけるのはよくありません。

汗のニオイと混じって、むしろ「ダメな人」になってしまう可能性が大です。

基本的に、汗をかきにくい場所につけてください。

もちろん、清潔な肌につけることが大前提。

自分自身が真っ白なキャンバスよろしく、無臭の状態であることがベストなのです。

 

この5ポイントを抑えて「いい香りのする女性」に!

香りは、すれ違った時に感じる程度がベストです。

そのためには、付け方がとても重要なことがわかってきました。

選ぶべきは、香りの軽いオーデコロン。

付けるタイミングや場所もとても大切です。

体臭や加齢臭が「スメルハラスメント」ならば、

香水の強い香りも「スメルハラスメント」となりえます。

実際に、香水の基剤であるアルコールでぜんそく発作を起こしたり、

人工香料アレルギーを持つ人もいるのです。

それ以前に、香りには人それぞれの好みがある事を肝に銘じておきましょう。

そう。 強すぎる香りは、他人に思いやりの持てない、

自己主張の強い女性であることを印象付けてしまうという残念な結果にもなるのです。

ふわりとやさしく香るのが「いい香りのする女性」。

これは、現代女性の身につけるべきマナーなのです。

私たちAHCスイス が取り扱う制汗剤「AHCシリーズ」と体臭剤「ブロメックス」は、

あなたが「ふんわり香る女性」となるお手伝いを致します。

香りを楽しむため、その香料を邪魔しない無香料のシリーズですから、心配はご無用です。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top