額の汗のレベル別対策法

発汗のタイプと額の汗のレベル別対処法

こんにちは、コラム担当の安田です。

暑い夏でもないのに、額から汗がダラダラ……

人前に出るとすぐに顔いっぱいに汗をかいてしまう……

そんな経験はありませんか?

「汗をかくのは、暑いから」と一般的には思われています。

ですから、汗をかいた時には、クーラーをつけたり、

うちわで扇いだりして、汗をひかせようとしてしまいます。

それでも、全然汗がひかないことがありますし、

さらに汗が吹き出してしまうケースもあります。

これは、汗とは暑さとは無関係に出ることもあるからです。

発汗には次のようなタイプがあります。

1)温熱性発汗

運動をしたり暑い時に出るもので、 上昇しすぎた体温を調節する役目があります。

体温調節のためにエクリン腺から汗が分泌されることで、

生命維持には欠かせない生理現象です。

温熱性発汗は、多汗症とは言いません。

2)味覚性発汗

辛いものなどを食べた時に出る汗で、顔や頭によくかきます。

こちらもエクリン腺からの発汗で、ある程度の時間が立つと、

汗はスーッとひきます。

3)精神性発汗

緊張したり、ストレスを感じると出るもので、

自律神経の交感神経が活発になり、

エクリン腺から汗が分泌されるものです。

多汗症の汗は、精神性発汗によるケースが多いと言われています。

人前で話したり、緊張したりすると、

過度のストレスが引き金となって交感神経が活発化し、

汗腺を刺激して汗が出るのです。

もし、あなたが額の汗で悩んでいるのであれば、

次のような項目で汗の種類をチェックできます。

暑い時、運動した時にだけ額に汗をかく→運動性発汗

辛いものを食べた時だけに汗をかく→味覚性発汗

緊張すると額に汗をかく→精神性発汗

運動性発汗と味覚性発汗は、誰にでもある生理現象なので、

あまり気にしなくても大丈夫です。

しかし、精神性発汗は、場合によっては、

恥ずかしかったり、人前に出にくいなど、

日常生活に支障が生じる場合もありますので、

適した対処を行うことが大切です。

それでは、精神性発汗による額の汗を治すためには、

どうすればよいのでしょうか?

それには、程度によって3ステップの対処法があります。

【1】緊張すると、時々額に汗がにじむ程度

精神性発汗は、ストレスを感じたり、

恥ずかしいと思ったときに出やすいものです。

人前で話したり、緊張したりすると、

過度のストレスが引き金となって交感神経が活発化し、

汗腺を刺激して汗が出るのです。

性格や環境も大きく関係すると言われています。

精神的発汗が起こりやすい人には、

几帳面で完璧主義者、神経質な人、気を使いすぎる人、

自意識過剰な人が多いのだそうです。

精神的発汗があまりひどくない人は、

「気にしない」ことが一番の対処法です。

多少の汗を気にしないでいると、自律神経がしっかりとし、

正しいバランスで汗がでるようになります。

少しくらいの汗をかいても気にせずに、

汗が出たらタオルで時々ぬぐう程度にするとよいです。

【2】じっとしていると、汗がタラタラ流れる程度

額の汗は、脇の下や足の裏と違って、

パッドを当てるなどの行為ができません。

人によっては、スポーツ用のヘッドバンドなどをして、

汗が目に入るのを抑えている方もいるそうです。

しかし、ビジネスシーンには不向きです。

額の汗は気になるけれど、手術はいやだな、という時には、

制汗剤の使用がよいでしょう。

しかし、スプレー式の制汗剤などは、

粉末成分が白く残ったりと、見た目が好ましくありません。

そんな時におすすめなのが、スイス生まれの制汗剤AHC20センシティブです。

汗かきが多いヨーロッパで実証ずみのAHC20センシティブは、

脇の汗や手のひらにももちろん効果的ですが、

とくに額の汗にピッタリです。

就寝前にコットンでパッティングするだけで、日中のケアは一切不要。

色や跡もつかないので、ひと目に目立つ顔にも使えます。

【3】どうしようもないほどに汗が出てしまう程度

額の汗がいつも流れでて困る、

ポタポタと机の上にも落ちてしまう、という場合は、

専門医療機関での相談をおすすめします。

処方は、症状の程度により異なりますが、

代表的なものに星状神経節ブロックという治療方法があるようです。

これは、のどにある星状神経節に局所麻酔をし、

交感神経を一時的にブロックし、自律神経バランスを是正する方法です。

脳の視床下部の機能が改善され、全身の血液の循環やホルモンの分泌が正常化するのだそうです。

星状神経節ブロックの持続期間は、数ヶ月から1年程度です。

1回の治療費は1000円から1500円ですが、

効果が出るまで30回程度の治療が必要となります。

また、この治療を何度も受けると効果がだんだん薄まる場合もあるそうです。

気になる方は、お近くの専門医にご相談ください。

額の多汗症治療は、あまり対処法が少ないのが現状です。

リスクの高い治療を行う前に、

まずはAHC20センシティブを試してみませんか。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top