良い汗をかくための運動

良い汗をかくために。暑い屋外より涼しい室内で運動を!

汗をかくのって恥ずかしいなと思っている方はいませんか。

いえいえ、汗はかいたほうがよいのです。

ただ、かくタイミングと、汗の質が重要なんですね。

人と会うときや会議中などに汗をたくさんかくのは困りますが、

スポーツジムでたくさん汗をかいている人を見るのは気持ちのよいものです。

また、見るからに粘り気のある、くさーい汗をかいている人には

近づきたくありませんが、水のように爽やかな汗をかいている人は

近くにいても気にならないものです。

普段から汗を定期的にかくことで、この「汗のタイミング」と「汗の質」

はある程度調整することができるんですよ。

逆に言えば、くさーい汗をダラダラとかいている人は、

汗を定期的にかいていない可能性が高いのです。

そういうケースにならないように、普段から定期的に良い汗をかくように心がけましょう!

それでは、良い汗をかく体質になるには、

どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

 

aseundou1

 

週に3度以上、汗を30分以上かく運動をこころがけよう

良い汗をかくには定期的な運動が大切です。

たとえば、週に3度以上、汗を30分以上かく運動をこころがけましょう。

運動といっても、たとえば球技のように急にダッシュする

運動は好ましくありません。

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動のほうが体質改善に繋がります。

有酸素運動は始めてから20分を超えると効果が出始めると言われています。

20分くらいを超えると汗が本格的にではじめるものです。

汗が出始めたらもう少しがんばって、最低でも30分以上運動を

続けるように心がけると効果がでてきます。

酸素を多く必要とする有酸素運動で出る汗は、

さらっとしていて匂いも少ない汗です。

そういった良質な汗を頻繁に出すことで、汗腺のつまりもふせぎ、

老廃物も体外に出やすくなります。

短期間だけ行うのでは効果が薄く、最低でも週3回以上は続けるようにすれば、

徐々に効果が見え始めるでしょう。

運動と一緒にサウナも組み合わせるとさらに高効果です。

 

夏の屋外は暑い! ならば涼しい室内で運動を

夏のエクササイズで困るのは、屋外の気温が高くなることです。

最近は地球温暖化の影響か、東京でも例年より高い気温になりやすくなっています。

暑い夏の屋外エクササイズは、早朝か夜おそめの気温の低い時間帯が好ましいでしょう。

しかし、それでも30度を超える日もあるため、すぐに辛くなりがちです。

夏の間のエクササイズは、スポーツクラブなどの涼しい屋内を

中心に行うほうが効果があるでしょう。

運動に適した気温に調整されている屋内は、目標数値に届きやすくなります。

また、夏のエクササイズは熱による作用と水の補給に気をつけてください。

屋外屋内問わず、バテてきたら十分に水分補給をし、

炎天下に体をおかないことが大切です。

水に濡らすだけで冷えるバンダナ等も活用してみましょう。

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top