諦めかけている人に朗報?
汗かきを改善する方法・厳選6

     諦めかけている人に朗報?         汗かきを改善する方法・厳選6

夏

体質的に汗っかきな方は、日頃のケアをどう行っておられますか?

いつもタオルや着替え用のインナーを持ち歩く方もおられるでしょうし、制汗剤や汗ふきウエットシートが手放せないという方もおられるでしょう。

 そもそも、なぜ汗をかくのでしょう。

この理由と、単なる汗が「多汗」となる仕組みを知る事で対策が打てるかもしれません。

「汗の世界」を少し覗いてみませんか。

 

 汗は生理的なもの

そもそも汗は、体温調節のために人体に備わった仕組みのひとつです。

汗を上手にかけない時には、体温は上昇、ついには熱中症に繋がってしまいます。

そういった点では、汗は歓迎されるべきものではあるのですが…。

やはり、必要以上に汗をかく、そのニオイが気になるとあれば、何らかの対策が必要です。

 

【対策1】空調に頼りすぎない

体温調節のために必要な汗、ということは理解できました。

その証拠に、夏場、空調の効いた部屋から外出するとどっと汗が噴き出ます。

きちんと汗が出るのであれば良いのですが、ここでうまく汗をかけないとそれこそ熱中症へまっしぐら…。

体に負担のない程度に、エアコンを避け、扇風機など自然な風で涼を取るようにしてみてください。

必要な汗を自然な分かけるようになります。

暑さに慣れることも、大汗をかかないために必要な訓練です。

 

【対策2】飲み物の温度にも気を配る

暑い夏には冷たい物を摂取したくなります。

飲み物も冷たいものを選びがちですが、実はこれもあまり良い事ではありません。

冷たい飲み物は水分が吸収しづらいだけでなく、体そのものを冷やすことから、体は体温を上げようとし、それが汗につながります。

それでなくてもオフィスはエアコンで冷えていますから、極力常温か、できれば温かい物を飲むようにしましょう。

 

【対策3】刺激物を避ける

香辛料やカフェインなどの刺激物は、ご存知の通り汗を誘発します。

夏場は辛い物を食べて汗をかこう、などと言いますが、それは正しい事です。

汗をかくことで体温調節をスムーズに行う「汗活」につながるからです。

ですが、やはり人に会わなくてはならないウィークデーはこのような食品は避けたいですね。

刺激物は極力控えましょう。

どうしてもそのような食事(韓国料理やインド料理、イタリアンなど辛い物)は、週末のお楽しみに取っておくのもよいことです。

 

【対策4】クールベジタブルを取り入れる

自然界はよくできたもので、夏場の野菜は体温を下げてくれるものが多くあります。

カリウムを多く含むきゅうり、ゴーヤ、なす、トマトやレタスなどは、摂取することで体を冷やしてくれると言われています。

汗が気になる季節には、旬のものを食べると決めてください。

私たち人間も、自然界の一部。

うまくできたそのサイクルに逆らわず、沿って生活をするのが一番なのかもしれません。

カリウムは水溶性の物質ですから、できれば熱を加える調理は行わず、生のままサラダで取り入れるのが効果的です。

 

【対策5】ぬるめのお湯で長風呂も

新陳代謝を高めるための半身浴を実行している方もおられるかもしれませんね。

お風呂でじっくりと汗をかくということは、汗腺を鍛えることに繋がります。

少し動いただけで汗びっしょり、という事態を避けることができます。

必要な時に必要なだけの汗をかける体に近づくことができるのです。

暑い時期はシャワーで済ませたいところですが、そんな時期こそしっかりと浴槽に使ってください。

汗をかいて、日中体にこもっていたかもしれない熱をしっかりと逃がすのです。

 

【対策6】どうしても汗を止めたい部分には制汗剤を

体温調節という大事な役割を担う汗―体全体の汗を止めるのは危険な行為です。

ですが、やはり脇や背中、額など、「ここだけは」という部分がありますね。

そういったパーツには、効果的な制汗剤を使ってください。

きちんと汗を止めてくれる、文字通りの制汗剤に出会っていらっしゃいますか?

最近日本製品でも、汗をごまかすのではなく抑制するという商品が出てきているようです。

汗にまつわる悩みの多い欧米で効果が認められている、文字通り汗を止める制汗剤の使用を。

洋服の汗染みが気になる季節には特に、このような効果の高い商品を使ってください。

 

制汗剤(デオドラント)に特に気を使う諸外国でも人気商品である「AHCシリーズ」を一度お試しください。

汗そのものをストップさせますので、洋服の汗染みだけでなく、ニオイの心配もぐっと減ります。

しかも、週に1度程度の使用で、汗を止めることができるのですから、是非とも「テスト」してみてください。

もしも効果に不安がおありならば、アマゾンでのレビューもご参考にされてください。

もちろん、無料サンプルもご用意していますので、「肌に合うかな」というご心配の方には商品ご購入前のチャレンジも気軽に行っていただけます。

 

汗と上手に付き合うには、日々の生活の見直しと、本当に効果のある制汗剤の使用がポイントです。

体の熱を逃がしたい時、体調不良の時には大量の汗をかくのは当たり前の事。

汗を調節することは、つまり自分の体と向き合うことでもあるのです。

あまり嫌わず、うまく調整する方法を知ってください。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

制汗剤AHCシリーズ 詳細はこちら

 

使う度に臭わなくなる!ヨーロッパで大人気の体臭・加齢臭・ワキガ用フォーム

ブロメックス+詰め替え用セット

体臭・加齢臭・わきがにお悩みならこちら

全商品エクスプレス便 5-7日でお届け!

Top