あなたの汗は良い汗?悪い汗?汗診断をしてみましょう!

あなたの汗は良い汗?悪い汗?汗診断をしてみましょう!

【画像】あなたの汗は良い汗?悪い汗?汗診断をしてみましょう!

あなたの汗は良い汗ですか?それとも悪い汗でしょうか?汗の素となるのは、私たちの身体を流れている血液です。自分の汗の状態を知ることは、汗のニオイの改善につながるとともに、自分自身の健康状態を改善することにもつながります。

 

汗診断をしてみましょう!

では、まずは汗診断から始めましょう!下記の質問に、YESかNOでお答えください。

 

【Q1】 汗がベタベタする         YES ・ NO

【Q2】 汗の粒が大きい          YES ・ NO

【Q3】 汗をなめるとしょっぱい      YES ・ NO

【Q4】 熱中症になったことがある     YES ・ NO

【Q5】 汗にニオイがある         YES ・ NO

【Q6】 上半身だけ汗をかくことが多い   YES ・ NO

【Q7】 首から上に汗をかくことが多い     YES ・ NO

【Q8】 寝汗をかくことが多い       YES ・ NO

【Q9】 汗をほとんどかかない       YES ・ NO

【Q10】大量に汗をかくことが多い        YES ・ NO

 

 

あなたの“良い汗度”はいくつ?

■YESが0の方

あなたの汗は、健康そのものです!サラサラとした良い汗で、さっそうと歩く姿が目に見えるようです。いつも食事や運動・睡眠に気をつけて、健康的な生活を送っているのではないでしょうか?素晴らしいですね。この調子で常に体調を整えていきましょう。

■YESが1~2の方

ほぼ健康的な汗の状態を保っています。サラサラとした良い汗をかいている人も多いことでしょう。食事には気を付けていますか?適度な運動を心がけているでしょうか?睡眠やストレスに問題はありませんか?何かひとつでも気になる点があれば、改善することでパーフェクトの汗になることができますよ!

■YESが3〜6の方

やや心配な汗の状態です。下記の「悪い汗を良い汗に変える方法」を読んで、できるところから改善していくようにしましょう。体調が悪化する前に、生活習慣を変えることで、良い汗に変わり健康を保つことができます。

■YESが7以上の方

あなたの汗は、悪い汗である可能性が大です!何か体調面で、自覚症状はありませんか?おそらく「身体がだるい」「頭痛がする」など、何らかの症状が出ているのではないでしょうか。今すぐ下記の「悪い汗を良い汗に変える方法」を読んで、生活習慣を整えていく必要があります。良い汗をかくためにも、病気にならないためにも、健康的な生活を送ることが大切です。

 

悪い汗を良い汗に変える方法とは?

 

■ベトベトの汗が出る原因は、汗腺機能の低下

良い汗とは、サラッとしていてベタつかず、ほとんどの成分が水分でできている汗です。蒸発しやすく、ニオイもありません。逆に悪い汗とは、ベタベタとして塩分が強く、大粒でダラダラと流れる汗です。蒸発しにくく、ニオイを伴う場合もあります。

かつては良い汗をかく人の方が多かったのですが、生活習慣が変化するにつれて、悪い汗をかく人が増えてしまいました。人の身体には200万~500万ほどの汗腺がありますが、冷房の効いた部屋にずっといたり、運動をして汗を流す機会が少ないと、汗腺が働くチャンスをなくして休止してしまうのです。

残された汗腺は休んでいる汗腺の分まで働かなければならなくなり、ミネラル分を身体に戻す作業をするゆとりがなくなって、ベタベタの汗が出てしまうという訳です。ほかにも食生活の悪化や睡眠不足・疲労・ストレスなども、悪い汗の原因となります。このような悪循環を断ち切り、良い汗に変えるには、いったいどのようにしたら良いのでしょうか?

 

【良い汗にする方法1】食生活を改善する

食生活を整えることは、良い汗をかくための基本条件です。昔の人にいい汗をかく人が多かったということは、昔ながらの食事を見直す必要があるということでもあるでしょう。まずはにんじんやほうれん草・小松菜などの緑黄色野菜をたくさん摂り、栄養が偏りがちな外食の回数を減らすことが大切です。肉類などの脂っこいものは摂り過ぎず、インスタント食品をなるべく控えて、お酒もほどほどにしましょう。

 

【良い汗にする方法2】適度な運動をする

毎日適度な運動をすることで代謝が良くなり、汗腺が鍛えられ、良い汗をかけるようになります。毎日1万歩を歩く習慣をつけたり、10分ストレッチを行ったり、ラジオ体操をするのもいいでしょう。スポーツジムに行って汗を流せば、さらに効果的です。大切なのは、毎日続けること。たとえわずかな運動量でも、やり続けることによって少しずつ結果が表れてきます。

 

【良い汗にする方法3】お風呂やサウナに入る

湯船にゆっくり浸かったり、サウナや岩盤浴などで汗を出すことも、汗腺を元気にする最適な方法です。38~40℃くらいのぬるいお湯で、20~30分ほど半身浴を行うのも良いですね。できれば毎日行うと、汗の状態が変わってくるのを実感できるでしょう。

 

【良い汗にする方法4】ストレスを溜めない

仕事が忙しかったり、雑用に追われたりしていると、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまい、悪い汗の原因になってしまいます。わずかな空き時間を上手に利用して、音楽を聴いたりストレッチをするなど、ストレスを上手に解消するようにしましょう。お風呂にゆっくり浸かるのも、大いにストレス解消になります。

 

【良い汗にする方法5】十分な睡眠をとる

睡眠を十分にとって身体を休めることも、良い汗をかくためにはとても重要です。できれば夜10時から深夜2時までの時間帯を睡眠時間にあて、質の良い睡眠を心がけましょう。夜更かし朝寝坊から、早寝早起きにチェンジすることで、体調も整い良い汗をかけるようになります。

 

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

        
Top