疲れと汗の臭いの関係は深い!3つの成分で疲労臭を撃退

疲れと汗の臭いの関係は深い!3つの成分で疲労臭を撃退

6.tukare ase nioi

春は、自分で気づかないうちに疲れが溜まっているものです。週末にどっと疲れを実感して、土日は自宅でゴロゴロ…。そんなとき、もしかしたら疲れからくる「臭い」がしているかもしれません。疲労臭を漂わせてしまわないため、気をつけていただきたいことをご説明します。

 

疲れが溜まると「疲労臭」が漂い始めるのはなぜ?

「疲労臭って何?」と思われましたか?これは年齢・男女を問わず表れる現象です。その原因はこの名称そのもの、「疲れ」からくるもので、体内に蓄積されたアンモニアが汗の中に混ざり臭いを発するようになります。肝臓は消化や代謝に関わっているだけでなく、アルコールや老廃物の解毒を司る大事な臓器です。肝臓は、別名「沈黙の臓器」とも呼ばれ、黙々と働き続けています。そのため、知らぬ間に傷めつけられていることもままあります。

疲労がたまるとアンモニアは肝臓で無毒化しきれず、尿として排泄できなかった分は血液として体中を巡ります。汗の「原料」は血液内の水分。血液中に多量に放出されたアンモニアが、汗を通じて体外に出て、「疲労臭」となるのです。

 

自分ではわからない臭いは「枕カバー」「1日着ていたもの」でチェック

ご家族やパートナーのいる方ならば、「いやな臭いする?」とチェックのお願いはできるものの、一人暮らしをしている方にとって、自分自身の臭い確認は難しいものです。

鼻が自分の臭いから一度遠ざかり、クリーンな状態になっている入浴後、1日着用していた衣服、特にインナーの臭いをかいでみてください。単に汗臭いのではなく、少しツンとする感じがしたら、それはアンモニアの臭いです。または、数日使用し洗濯する前の枕カバーがあれば、それでもチェックをすることができます。

 

改めて肝臓の役割を確認

肝臓は、食べ物の栄養(タンパク質・糖分・脂質)を体で活用できるようにして蓄え、ここぞというときに供給する役割を果たしています。また、消化吸収を手助けしたり、不要なものを体外に排出する「胆汁」を分泌する臓器でもあります。

肝臓の機能が低下すると、きちんと食事を摂っても必要なエネルギーが得られない・体の中から疲労物質が出て行かないこととなり、疲れが抜けない状態が続くのです。肝臓を傷めてしまうと、疲労が溜まる一方という負のスパイラルに陥ってしまうことがあります。肝臓は、まさしく「健康の肝」として、大事にしなければならない臓器なのです。

 

肝臓をいたわるにはどうすればいいの?

肝臓をいたわり、疲労回復しながら汗の臭いを防止するためには、以下のことに注意しなければなりません。もしも欠けていると思うことがあれば、すぐに取り掛かってください。

・オルニチンの摂取

アミノ酸の一種であるオルニチンは、肝臓の機能を高める成分として知られています。アンモニアを無害化する代謝を助ける働きがあり、アンモニアを除去することでエネルギーの元であるATP(アデノシン三リン酸)が産出されやすくなり、疲労感を軽減します。

・クエン酸の摂取

クエン酸は疲れを感じさせる乳酸の産生を低減してくれます。また、生命を維持するためのエネルギー産出に欠かせない成分です。

・タウリンの摂取

ドリンク剤のラベルでも良く見るタウリンは、アミノ酸の一種です。体内で作られる成分ではありますが、積極的に摂取しなければ、私たちの体を支えるだけの量を得ることはできません。肝臓の細胞を再生するためにも重要な役割を果たしていますので、働き盛りの世代には必要不可欠な成分です。

・睡眠をしっかりと

健康を維持するためには、栄養の摂取と睡眠は対になる大事なものです。睡眠中は何かを食べることもなく肝臓に負担をかけませんし、使うエネルギーも最小限にとどめることができます。

肝臓そのものが極限にまで疲れを抱えてしまうと、自律神経にまで影響を及ぼし、熟睡できなくなることもあります。このような状態になる前に、規則正しい充分な睡眠時間を確保しなければなりません。

 

まとめ

自分自身が気づかないうちに、体内には「疲労」が蓄積されていくものです。不思議なもので、仕事で多忙な時期には暴飲暴食に繋がる会食も多くありますので、日頃以上に体調管理が必要です。

疲労や暴飲暴食は肝臓にダメージを与え、体調が右肩下がりに崩れてしまう可能性を秘めている上、汗の臭いを濃くしてしまいます。ツンとした臭い「疲労臭」が乗り物や飲食のシーンで隣り合わせの人に気づかれないか…。そんな心配をせずにすむよう、体調管理を心がけてください。

肝臓は「沈黙の臓器」です。疲れ以外の自覚症状もほとんどないまま、大病に発展してしまうこともままありますので、疲れを溜めないようにしたいものです。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

        
Top