冬の頭皮は夏より臭いがひどい?正しいシャンプーと乾かし方は?

冬の頭皮は夏より臭いがひどい?正しいシャンプーと乾かし方は?

5_%e9%a0%ad%e7%9a%ae-%e6%b1%97-%e8%87%ad%e3%81%84

冬は、夏とは違い「汗をかかない」というイメージから、頭皮の臭いへの関心も下がり気味です。ですがそれは正しい理解なのでしょうか。冬は夏と同様、いえ、ときには夏以上に頭皮の臭いが増してしまうことがあるのです。その理由と対策をご説明します。

 

ニット帽・まとめ髪…夏よりも汗や皮脂が頭皮に留まりやすい冬

冬のファッションの定番として、ニット帽があります。今シーズンはベレー帽も流行していますね。ファッション性だけでなく頭部や首周りを寒さから守るためにも帽子は大切なアイテムです。 また、乾燥した空気から髪を守ったり、静電気で「爆発」してしまうことを避けるために髪をまとめる女性も多いことでしょう。一つにまとめてポニーテールにしたり、「くるりんぱ」にしたり、お団子にしたり…ヘアアレンジは実用だけでなく、おしゃれに欠かせない楽しみのひとつでもあります。 帽子をかぶること、髪をまとめることで地肌や髪を守ることができますが、地肌には汗が溜まりやすくなります。また、乾燥した空気に対抗しようと、頭皮は皮脂分泌を盛んに行います。このような理由から、「冬こそ地肌ケアが大切」といえるのです。

 

冬の頭皮は、こんなにも苛酷な環境下に置かれている

帽子をかぶらないという方は、頭部を冷たい空気にさらしている状態にあります。当然汗をかきづらい状況ですので、「そんなに臭いはしないでしょう」とお思いかもしれませんね。しかしながら、頭皮は乾燥した冬の空気に触れ、何とか潤いを保とうと皮脂分泌を盛んに行います。この皮脂も、冷たい空気の影響で毛穴の中で塊となりやすく、皮脂をエサとして常在菌が爆発的に増殖し、臭いを発しやすい状態となるのです。

 

「ノンプー」「湯シャン」が人気の訳

最近、「ノンプー」や「湯シャン」という言葉を見聞きすることが増えました。これは、できるだけ、もしくは完全にシャンプーを使わず、お湯だけで洗髪をすることを指しています。皮脂の取りすぎにより乾燥した地肌が自身を守ろうとすると、過剰に皮脂を分泌してしまい結果的に臭いが気になる、そしてまた皮脂を取ろうと刺激の強いシャンプーを使って地肌を乾燥させてしまう―という悪循環を断とうとする行為です。 体温と同じか、若干高い温度のお湯で丁寧にすすぐことで、地肌の汚れの7~8割は落ちるとされています。そこに洗浄力の高すぎるシャンプーを使用すれば、頭皮は乾燥してしまいます。このことにより、皮脂の過剰分泌が起こり始めるのです。 有名タレントやモデルが「数日に1度しか髪を洗わない」「シャンプーは薄めて使う」というのは、頭皮を健康に保ち、髪の美しさをキープするために行っていることなのです。

 

油分が必要なのは毛先だけ、頭皮にコンディショナーがつかないように

皮脂は頭皮を守るものです。毛先はどうしても潤いが不足し傷んでしまいます。カラーリングをしていたり、パーマをかけたりしている髪はさらに傷んでいます。そこで出番を迎えるのがコンディショナーやトリートメントですが、頭皮につかないよう注意してください。頭皮は自身の出す皮脂で充分に守られていますし、それでなくても詰まりやすい冬の毛穴をコンディショナーやトリートメントに含まれているシリコンで覆ってしまえば、毛穴詰まりの状態となります。 健康面意外の問題として、アウトバストリートメント(オイルタイプ)をファンヒーターで暖めている部屋で使用すると、トリートメントに含まれるシリコンが揮発し、ファンヒーターが故障してしまうという事例も頻発していますのでご注意ください。椿油やあんず油などの植物性オイルを使用するようにしましょう。

 

髪を手早く乾かす方法

部屋が寒くて、ドライヤーを使いたくないという方はいらっしゃいませんか。特にロングヘアの方はドライヤーを使う時間が長くなり、おっくうになってしまうでしょう。しかし、頭皮が濡れたままでは雑菌の温床になってしまいますし、そのまま寝てしまえば髪も傷んでしまいます。 お風呂上りにタオルで水気を吸い取ったら、もう1枚のタオルでターバンのように髪を包んでください。そしてそのタオルの上からドライヤーをかけると、とてもスピーディーに乾きます。ドライヤーの熱で頭皮や髪についた水分が水蒸気となり、その水蒸気をタオルが吸ってくれるのです。タオルの中はサウナのように暖かくなりますので、効率よく髪を乾かすことができます。 ドライヤーのパワーとの兼ね合いもありますが、セミロングの方なら5分ほど、ロングの方でも10分以内でほとんど乾きます。タオルをはずしたら指先で頭皮に触れてみてください。まだ充分に乾いていなかったら、改めて頭皮だけドライヤーで乾かします。 毛先まで完全に乾かさなくても大丈夫です。多少の水分が感じられても問題ありません。そのまま毛先にアウトバストリートメントをつけましょう。しっとり感を残したいい感じの仕上がりになりますよ。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

        
Top