体臭にもオメガ3が効く?その効果と「食べたいもの」「避けたいもの」

体臭にもオメガ3が効く?その効果と「食べたいもの」「避けたいもの」

Fish oil capsules in bottle with stethoscope isolate on white background.

体調や生活習慣病を気にかけている方に広く知られ始めている「オメガ3」。血液サラサラ成分として認知されていますが、そのほかの効果も見込めます。もしもオメガ3の摂取で体臭を減らすことができたら…。オメガ3が何なのか、体内でどのような働きをするのかをご説明します。

 

今流行している「オメガ3」とは?

オメガ3とは、脂質でありながら体によいとされる種のひとつで、多価不飽和脂肪酸とも呼ばれる必須脂肪酸です。体内で作ることのできない成分ですので、食品やサプリメントで積極的に摂りたいものです。 オメガ3という名を聞きなれていない方でも、「DHA」や「EPA」といえばピンとくるのではないでしょうか。青魚などから摂取できるそれらは、いわゆる「血液サラサラ」成分として知られていますね。

 

オメガ3はコレステロール値を下げ、サラサラ血液にしてくれる

血中コレステロール値を下げてくれたり、血中に発生する血小板の凝固(血栓)を防いでくれることから、「サラサラ成分」と呼ばれているオメガ3は、それ以外の効果が期待されています。皮膚のシワの防止によるアンチエイジング効果、うつ症状の軽減、アレルギーの抑制などです。 オメガ3は血管をしなやかに保つ役割も果たします。コレステロールにより血管が硬く・もろくなることによって生じる心臓疾患や脳内出血、くも膜下出血などは、今や高齢者だけでなく、若年層にも増えている病気です。食生活から将来の健康を考えたい方には必見の成分なのです。

 

体の「酸化」を防ぎ、加齢臭をはじめとした体臭にも効果が期待できる

オメガ3は「体の酸化予防」をも目指せる成分ですので、皮脂の酸化によって生じる加齢臭対策としても摂取したい成分です。加齢臭は、皮脂の酸化のみならず、体内の脂質が活性酸素と結びつくことでも生じます。一定の年齢になると加齢臭のモトであるノネナールが発生しますが、このノネナールを少なくするためにもオメガ3を摂取したいものです。 牛肉や豚肉に含まれるアラキドン酸は、脳内で「しあわせ物質」と呼ばれるアナンダミドに変換されます。このため、焼肉などを食べると、満たされた気分になれるのです。しかしながら、お肉や揚げ物など、わたしたちがおいしいと感じるものは、油分たっぷりでもあります。これらの脂肪分は、体内に溜め込まれるだけでなく、体臭・加齢臭にも直結してしまうという結果を招きますので、とても悩ましいものです。 この悪循環を断つために、適度な運動・入浴による清潔行動・オメガ3の摂取が重要です。

 

体臭が気になるなら、食事内容や生活見直し・サプリメント活用も

自分で自分の体臭は確認しづらいものですが、数日使用した枕カバーが臭うようなら加齢臭の可能性があります。ノネナールを発する皮脂腺は、耳の後ろから襟足、後頭部にかけて多く存在しますので、枕カバーでのチェックが有効なのです。 「もしかしたら臭っているかも」と感じたら、食生活を確認しましょう。油分の多い柔らかなお肉を好んで食べてはいませんか。揚げ物が多くはありませんか。活性酸素の働きを押さえ込んでくれる抗酸化作用のある野菜(ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノール含有)の摂取が少なくはありませんか。体脂肪に変化しやすいアルコールの摂取は多くありませんか。 食生活を変えづらいのであれば、運動で体脂肪や活性酸素を減らすよう心がけてみましょう。活性酸素発生につながりやすいストレスを溜めないよう注意して、充分な睡眠で適宜体を休める環境を整えてください。それに加え、サプリメントでオメガ3をサプリメントで摂取するのもよいことです。

 

加齢臭は男性だけのものではない!女性も注意!

加齢臭は何も男性ばかりの問題ではありません。女性も閉経に向かう40代から男性ホルモンが優位に立つようになります。この体内の変化が、皮脂分泌を活発にし、男性と似たような臭いにつながることがあるのです。 このような現象は致し方ないこととはいえ、やはり加齢臭は困りもの。男性と同じように、上記の点に注意を払いながら生活するしかありません。

 

まとめ

加齢臭は、日々の生活を健康的に保つことで「内側」から軽減することができます。その助けとなってくれるもののひとつが「オメガ3」の摂取です。 しかし、汗や皮脂を完全に止めることはできません。それらが皮膚の上で菌やバクテリアにより分解されるときのニオイはどんな方でも経験するものです。この状態を体の「外側」から手当てするなら、AHCシリーズの「ブロメックスフォーマー」はいかがでしょうか。 ブロメックスフォーマーに含まれるヘラオオバコや甘草の根(リコリス)には、肌の炎症を抑えたり、殺菌効果もあります。襟足や耳の後ろ、背中、わきの下など、加齢臭が気になる部分に泡を塗り、30秒後に濡れたタオルでふき取るだけの簡単な使用方法です。肌が弱い方にも使っていただける優しい処方ですので、一度お試しいただく価値があります。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

        
Top