冬でも汗はかくもの…セーターは洗濯機で洗える?

冬でも汗はかくもの…セーターは洗濯機で洗える?

Hand made clothes on wooden wall background

冬場は思いのほか汗をかいているもの。それは、やはり厚着をする季節だからです。通勤・通学途中の寒さを考え、暖かい格好で出かけはしますが、急に暖房の効いた部屋に入ったり、急ぎの用事で走ったりすることでじんわりと汗をかいてしまうことも多いからです。

普通でしたら「さて、クリーニングへ」と思うセーターですが、洗濯機で洗うことはできるのでしょうか。さすがに汗を吸ったセーターを1シーズンそのままで着まわすのもあまり気分の良いものではありません。

さっぱりと過ごすために、セーターを洗濯機で洗う方法を探ってみました。

 

洗えるものと洗えないものを理解する

セーターの中でも、比較的“洗濯機向き”のものは、素材が「化学繊維との混紡」「化学繊維」であるときです。洗濯機は洗濯物を洗剤入りの水の中でぐるぐると回すことで洗うのはご存知の通りですが、この摩擦で縮みにくいのがこれらの素材なのです。

まずはタグを見てみましょう。アクリルは洗濯機で洗える素材として知られていますので、アクリルもしくはアクリルとの混紡であれば洗濯機で洗える可能性が高まります。

 

洗剤を吟味する

セーターやオシャレ着専用の、デリケート衣類向き洗剤を入手しましょう。ボトルに書いてある対応素材をチェックし、洗いたいセーターに使えるかどうかを調べます。素材と洗剤がマッチすれば、まずは一つ目の問題をクリアできたことになります。

次は、実際にセーターを洗っても問題ないかのテストです。

 

色落ちしないかのテスト

洗剤を指定された割合で水やお湯に溶かし、その洗濯液を一旦タオルやガーゼに含ませます。そして、その液体をセーターの目立たない場所(裾の内側や前身ごろ・後ろ身ごろを縫い合わせてある編み代部分など)に含ませ、タオルに色が付いてこないかを確認しましょう。

ここでもし色がにじみ出てくるようでしたら、「普段着だから多少色落ちしてもいいかな」と割り切るか、「いや、大事なセーターだからきちんとクリーニング屋に出そう」と洗濯の方法をチョイスしなければなりません。

 

丁寧にたたんで洗濯ネットへ

手のひらでニットを軽く叩いてホコリを払い、洗濯ネットへ入れます。このとき、セーターをたたんでジャストサイズもしくは若干きついくらいのサイズのものを選びましょう。100円ショップでも多くのサイズが売られていますので、複数購入しておけば他のセーターにも流用できます。サイズをいくつか用意しておくのがベストです。

なぜジャストサイズもしくは少しきついくらいがいいのでしょうか。それは、セーターの縮みや毛玉を防ぐためです。水にぬらし、洗濯機で回すと、繊維同士がこすれあいダメージを起こしますので、これを最低限に防ぐため“洗濯ネット内でぎゅうぎゅう”位がちょうどいいのです。

 

洗濯機の「ドライコース」で洗う

いくら洗剤と素材の相性が良くても、洗濯ネットに詰めて縮みを予防する策を取ったとしても、洗濯機でいつものお洗濯と同じようにガラガラと回しては元も子もありません。洗濯機に「ドライコース」「手洗いコース」など、衣類をやさしく洗うコースが設定してある洗濯機ならば、それを選びます。

もしも、やさしく洗うコースがないようならば、手洗いするのが無難でしょう。

 

「ドライコース」がなければ手洗い

手洗いといっても、難しいことはありません。洗濯用洗剤を溶かしたお湯を張った洗い桶・浴槽にネットに入れたセーターを浸し、手で押し洗いすればよいだけです。その後、何度か水を変え、濁りがなくなるまで押し洗いですすぎをしましょう。

その後、バスタオルに挟み、手で圧をかけることで脱水できます。2~3枚のバスタオルを準備しておくと作業がスムーズです。

 

セーターの自宅洗いは「干し」が肝心

せっかく洗濯機でセーターを洗えたとしても、干す段階で型崩れしては大変です。ホームセンターや100円ショップでセーターを平らに干せるハンガーを売っていますのでそれを活用してください。まかり間違ってハンガーにつるしてしまうと、肩の部分にハンガーの跡が残ってしまいます。

できれば、日陰でゆっくりと乾かすのがよいでしょう。というのも、日光によって黄ばみや色あせが起きてしまうかもしれないからです。

もしもこのような平ら干し用ハンガーが手に入らない場合は、お風呂のふたを活用することもできます。お風呂のふたの上に乾いたバスタオルを敷き、その上にセーターをきれいに整えて均します。日陰を確保できないときは、乾くまでバスルームの換気扇を回す・お風呂の窓を開ける・適宜バスタオルを取り替えることで、思いのほか早く乾きます。

 

洗濯機でセーターを洗う―いつも気持ちよく着られるというよさ

知らず知らずのうちにも、汗をかいてしまっている冬場。できるだけクリーニングに出さず自宅で洗うようにすれば、いつも気持ちのいい清潔なセーターを着ることができます。

素材や洗剤、洗い方の工夫で、案外自宅の洗濯機で洗えるセーターを発見できるものです。今後新たにセーターを購入する場合は、洗える素材、または「自宅で洗える」と記載されているものを選ぶようにするとよいですね。

汗のにおいや皮脂による黄ばみを防ぐためにも、自宅でこまめに洗うことは、セーターにとってもいいことなのではないでしょうか。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

驚きの制汗力を、まずは
AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

        
Top