食事をすると汗がふきでるのは代謝がいいから?

食事をすると汗がふきでるのは代謝がいいから?

Dining Dinner Drinking Brunch Lifestyle Friendship Concept

食事を始めるとだれもがじんわりと体温の上昇を感じます。

「汗をかくのは代謝がいいから」と思ってしまいますが、その理解は正しいのでしょうか。食事をすると温かくなる体と汗の関係、そして2種類の代謝について学んでいきましょう。

 

「代謝」には2つの種類が―

医学的に用いられる「代謝」という言葉には、基本的に2種類あります。「基礎代謝」「生活活動代謝」です。

基礎代謝とは、横になって眠っていても自然と消費しているエネルギーのことを指します。心臓が動いたり、呼吸をしたり、寝返りを打ったりと、当の本人も知らないうちに体は活動をしています。

生活活動代謝は、基礎代謝に加え、実際に活動をすることでエネルギーを消費することをいいます。家事や仕事、運動など、日中の体の動きによってエネルギーを使うのがこの生活活動代謝にあたります。

日頃何気なく使っている代謝という言葉ですが、医学的にはこのような意味があったのです。

 

 

では、私たちが良く使う「代謝」とは

私たちが日常的に使っている代謝という言葉は、「新陳代謝」の略といわれています。特に女性ならば、この観点から代謝という言葉を使っているはずです。身体の中の細胞が以前のものと新しく交換されるという意味の新陳代謝は、肌や髪を美しく保つためのノウハウ本やWEBサイトでよく見かけます。

細胞が生まれ変わるサイクルを理解し、その仕組みに着目したケア方法を紹介した文章で見かける「代謝」は、このことを指しています。

 

 

食事をすると汗が―代謝がいいから?

食事をすると体がじんわりと暖かくなることを、「食事誘導性体熱産生」といいます。体が口から取り込んだ食糧を消化し始め、内臓が動き始めます。この運動から発せられる熱が体温を上げるのです。入院した経験のある方ならばご存じですが、朝の検温は早朝行われます。まだ目も覚めやらぬ時間帯に看護師さんが巡回してきますね。これは食事や運動に影響されない状態の基礎体温を調べたいからです。

食事誘導性体熱産生は食事の開始したタイミングからスタートし、約1時間後にピークを迎えます。そして、その後ゆっくりと元の体温に戻ります。この曲線は、若ければ若いほど、そして筋肉量が多ければ多いほど振れ幅が大きいのだとか。

「代謝がいい人は、食事をすると汗が出る」―この表現は、正しくもあり、間違いであるともいえるでしょう。

 

 

食事が“汗問題”を起こすことも…

食事をすると滝のように汗が出るとき、食事の内容そのものを見直す必要があるかもしれません。特に気を付けて頂きたいのが

・香辛料たっぷりの激辛メニュー

・アルコール

・ニンニクや酢の物など

のような刺激の強い食品です。

摂取する食品に影響され発汗することを「味覚性発汗」といいます。先に挙げた食事誘導性体熱産生と同時に、食品から受ける刺激が加わることで更に汗が出てしまう状況に陥るのです。外出先での食事の際、「汗が気になる」と自覚されている方はメニューを吟味する必要があります。

どんな食品に自分が反応するのか、日頃から意識するようにしておいてください。辛い物、熱い物、酸っぱい物…自分の体質を理解しておけば、今日は汗をかいてはだめ、というタイミングもうまく乗り切ることができます。

 

汗をかくのが怖い―それでも水分補給は必ず

人の体は約60%~70%が水分という言葉を聞いたことがあるはずです。それでなくとも、汗をかくのが嫌だと言う理由だけで水分補給を制限しないようにしてください。通勤では汗をかき、オフィスでもエアコンに水分を奪われ、体は定期的に水を摂取することを望んでいます。

唯一、水分を減らしても良いタイミングがあります。それは食事の30分前。固形の食糧からも水分を摂取することができますので、食事前30分以降は水分制限をしてもよい、というのが一般的な見方です。とはいっても、「今日は外で忙しく走り回った」という日は、水分の摂取制限は行わない方がよいでしょう。

 

どんなに気を付けても食事時の汗が気になる時に

これまでのポイントに気を付けても、食事時の汗が気になる時は、せめて顔回りの汗を止める工夫をしましょう。冷たいおしぼりが出てきたら、さりげなく襟足・首元を冷やしてみるのはいかがでしょうか。首回りは頭部に血液を送り込む太い血管があります。そこを冷やすと、汗が軽減できることが知られています。

確実な方法をお探しでしたら、汗が噴き出ると感じる額の部分に使用できる制汗剤「AHC20センシティブ」「AHC20クラシック」をお試しください。

夜寝るまえに使用するタイプの制汗剤ですから、就寝前のリラックスタイムを活用して汗のケアができますよ。

これで、外食をしても「汗が気にならない人」になれるはずです。

        
Top