サラサラ汗とドロドロ汗の違い

サラサラ汗とドロドロ汗の違い

/

汗といっても、「サラサラ汗」と「ドロドロ汗」の2種類があることはもうご存じですね。同じ汗なのに、どうしてこんなに違うのでしょう。そして、それぞれの役割とは―。

2種類の汗の違いを理解し、より健康な体づくりを目指してみませんか?

 

サラサラ汗は―エクリン腺が活発な状態です!

理想的といわれるサラサラ汗は、エクリン腺から出る体温調節機能を持つ汗です。エクリン腺は皮膚の浅い場所にあり、毛穴とは別に、独立して存在します。そこから発する汗の成分は約99%が水分で、だからこそサラサラ汗なのです。通常、若干の尿素やアンモニアが含まれるとされ、これらの物質により皮膚の表面が酸性に保たれているのだとか。皮膚に住む菌が繁殖しづらい環境であることから、ほとんどニオイにも変化がないのです。

健康的なサラサラ汗をかきたいのなら、このエクリン腺にどんどん頑張ってもらう必要があります。積極的に「汗活」を行いましょう。まだまだ残暑が厳しい今、熱中症の心配も付きまといます。朝晩少し過ごしやすくなった時こそ、熱中症への気構えも緩むというもの。出かける先々での空調の環境もばらばらであることから、暑い・寒いの差が激しくなったりもします。残暑の時期こそ、体温調節のためのサラサラ汗をかける体になっておく必要があるのです。

 

ドロドロ汗は―アポクリン腺からにじみ出る汗!

体にまとわりつくような、気持ちの悪い汗をかいたことがあるでしょう。これはアポクリン腺からにじみ出たドロドロ汗が多い状態です。

アポクリン腺はわきの下など特定の場所に特に多いものです。必ず毛穴とセットで存在し、分泌物を毛穴から放出します。アポクリン腺から出る汗も最初は無臭なのですが、脂肪や鉄分、尿素、アンモニアなどを多く含むため、ドロドロ汗となってしまいます。ここから発する汗に含まれる成分は皮膚に住む菌の格好のエサとなり、あの独特のニオイに発展するのです。

特にエチケットの面で問題となるのが、このアポクリン腺からのドロドロ汗です。汗対策用のウエットシートでこまめに拭きとって、肌表面をいつも清潔に保ちたいものです。

 

ドロドロ汗撃退方法は?

毛穴づまりを起こしやすいアポクリン腺。この毛穴づまりを解消するためによく行われていることが、ドロドロ汗の撃退方法です。あなたは、どのような方法をご存知でしょうか。 ぬるめのお湯にじっくりと浸かる半身浴、体を内部からじっくりと温める岩盤浴などが広く行われています。アポクリン腺からの汗には脂肪分も含まれていますから、ゆっくり・じっくりと温めることがとても大切なのですね。

女性ならば経験済みだと思いますが、小鼻の毛穴に溜まる脂分を除去する時に蒸しタオルで温めておくと効率よく取れますね。これと同じことを体全体で行う必要があります。サウナで体の表面だけを急激に温めるよりも、半身浴や岩盤浴でじっくりと温める方が効果を望めるという訳です。

ドロドロ汗をかいたら、ボディーソープで丁寧に洗い流します。その後、もう一度半身浴や岩盤浴で体を温めてください。これを繰り返すことで、どんどんサラサラ汗に変化していきます。アポクリン腺からの老廃物が排出できたことが体感できるでしょう。

 

サラサラ汗を効率よくかく方法は?

実は、エクリン腺からかく汗もドロドロ汗となってしまっていることもあります。これは、汗腺が汗をかく準備を整えていないからです。「正しいサラサラ汗」は、エクリン腺の深い場所で作られます。血液から水分を取り込み、塩分などを再度血液中に戻すのが正常な働きですが、これができていないときエクリン腺であってもドロドロ汗を放出するようになるのです。

これは、「必要な時にはきちんと汗をかくよ」という準備がきちんとできていない証拠です。「岩盤浴でかくサラサラ汗はいい汗?」でもご紹介したとおり、人間の体は暑さを感じると「暑熱馴化(しょねつじゅんか)」を始めます。効率よく汗をかき、不用意に塩分を汗と一緒に流さないような仕組みに変わっていくのです。暑熱馴化(しょねつじゅんか)がうまくできていないとき、サラサラ汗がかけない状態であるともいえるのです。

やはりここでも半身浴、岩盤浴といった、汗をかく活動をしなければなりません。運動や入浴前に水分補給をしておきます。じっくりと入浴をし、しっかりと汗をかきましょう。お風呂上りはエアコンなどで急激に冷やさず、汗が自然に収まるのを待ちます。そして再度水分補給を。これを毎日の習慣にすると、どんどんサラサラ汗に近づいてゆくのを実感できるはずです。

暑い季節はついついシャワーで済ませがちですが、むしろ暑い時期こそ健康管理のために体を温めることが大切なのです。

 

おわりに

運動や半身浴、岩盤浴などでサラサラ汗を実現したとしても、食生活がそれを邪魔することがあります。汗の元は血液です。この血液が健康な状態でなければ、サラサラ汗も望めません。サラサラ血液を実現しなければならない、という訳なのです。

脂肪分や動物性たんぱく質の多い食生活をしている、水分をあまり摂取しない、飲むならアルコール…このような生活では、サラサラ血液は期待できません。

日々口にするものが汗に影響を及ぼしているとしたなら―今日からでも、その一口に注意を払ってください。そして、シャワーで済ませずに入浴を。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

        
Top