デート時は勘弁して欲しい…
臭い汗をかかなくする4つの方法

デート時は勘弁して欲しい…
臭い汗をかかなくする4つの方法

デート時は勘弁して欲しい…臭い汗をかかなくする5の方法

自分の体臭はなかなか気づかないものです。

もしかして彼氏・彼女に「ちょっと勘弁してよ…」なんて思われていないかと想像しただけで更に冷や汗が出てしまいそうになります。

臭い汗の理由と、それを防ぐ方法を知っておくだけでも、不用意に緊張することもなくなります。

では、そのチェック方法と対処方法を、順を追ってご説明します。

 

臭い汗に自分で気づかない理由

臭い汗をかいていたとしても、気づかないのは自分自身だけ―このような状況も起こります。

これは鼻が自分のニオイに慣れてしまっているからです。

実は、これはとても大切な仕組みです。

例えば駅や線路そばに住み始めたとき、「うるさいな」と思ってもすぐに慣れてしまいます。

これと同じ仕組みで、脳は日常の出来事を覚え、極力ストレスから避けようとするためそれらを意識しないようにしてくれています。

ですが、この「ストレス回避の法則」が自分の臭い汗にも働いているとしたなら―。

あまり好ましくない結果を招いてしまうかもしれません。

 

最初に―自分の臭い汗を確認する方法

「自分が臭い汗をかいているかがわからない」―。

そんなときは、入浴後がチャンスです。

入浴前に脱いだ服をビニール袋に入れ口を閉じておきます。

入浴し、汗を落として鼻のセンサーをリセットしたあと、そのビニール袋内のニオイを嗅いでみてください。

それがあなたの体臭です。

ニオイの強弱は別として、これまでに気づかなかった自分のニオイを認識できます。

 

衣服が黄ばんでいないかをチェック

臭い汗は、主にアポクリン腺からにじみ出てくるものです。

この汗には、脂質や脂肪酸、たんぱく質といった菌の好物を含んでいることでも知られていますし、リポフスチンという色素も含まれているのだとか。

これらが衣服に染みこみ、酸化することで黄ばみを生じさせるのです。

皮膚上で菌が繁殖すると、独特のニオイを発します。

その汗を衣服が吸い取り、汗に含まれる脂質なども同時に繊維の中に溜め込んでしまいます。

落としきれない脂質などは衣服の繊維の目の中で酸化し、蓄積された汚れとして黄ばみとなるのです。

一見ニオイとは直接的な関連はなさそうでも、汗の質を見極めるためにとても大切な着目点です。

ワキガに詳しい皮膚科のお医者さまは、この衣服の黄ばみもワキガ臭の強さを理解するための手掛かりとしているほど。

私たちも「ニオイを目で見る」ために、きちんとチェックしておきたいものです。

 

もしも「臭い汗」の証拠をつかんだら

上記の方法で臭い汗の証拠を目にしたら、自分自身で行える対処法を探さなくてはなりません。

病的な物でないのならば、日頃のケアを見直すべきでしょう。

今日からでもとりかかれるケアには、ウエットシートを使用してわきの下などニオイの気になるところをピンポイントで清潔にすることです。

今すぐにでもドラッグストアかコンビニエンスストアに走って購入してきてください。

汗や皮脂には「皮膚を保護する」という役目もありますから、ごっそりと取り除いてしまうのは危険です。

乾いたタオルで汗を拭くのはご法度。失った潤いを取り戻そうと、汗や皮脂が余計に出てしまうからです。

特にアルコールで肌が乾燥してしまう傾向にある方には、ノンアルコールと表記された商品を選んで頂きたいと思います。

また、臭い汗は衣服にもニオイが染み付いてしまうものですから、毎日こまめに洗濯をする必要があります。

時々、重曹や漂白剤を使用し、徹底的なクリーニングを行いましょう。

上でもご説明した通り、皮脂などが繊維の中に残ってしまうことで、時間を経るごとに独特なニオイに変化してしまいます。

洗濯方法の見直しも必要なのです。

※重曹や漂白剤は衣服の素材により使い方・使う種類が異なります。タグを見て適切な洗剤を使用してください。

 

制汗剤―体質に合うかのチェック

「もしかして、臭い汗をかいているかも」と気にしていらっしゃる方ならば、既に制汗剤を使っていらっしゃることと思います。

それでもやっぱりニオイが気になるとしたなら、その制汗剤が体や汗の質に合っていないのかもしれません。

その制汗剤はあなたにマッチしていますか?

制汗剤には、主にふたつの効果があります。

「汗の量をコントロールする」、「雑菌が繁殖する前に防ぐ殺菌作用」です。

あなたが使っていらっしゃる制汗剤はどちらのタイプですか?

今現在、ドラッグストアの店頭に並んでいるのは、スプレー式のパウダータイプです。

汗を殺菌作用のあるパウダーで吸い込むというものです。

パウダータイプのデメリットは、汗を吸い込んだパウダーがぽろぽろと落ちてしまうこと。

時に袖ぐりからパウダーの塊が落ちてしまい、ヒヤッとすることがあります。

パウダーを使わず、汗腺そのものをふさいで汗の量を抑える制汗剤があるAHCシリーズの制汗剤なら、汗自体を止めてしまうという劇的な効果、そして殺菌、消毒、抗炎症効果で知られるメディカルハーブの配合で、菌の繁殖までも抑えます。

香りでニオイをごまかすこともしませんので、お好きな香水やコロンも使って頂けますよ。デートの時に、汗を気にせず好みの香りをまとってでかけませんか?

爽やかでよい香りのする男性・女性として、お出かけを楽しんでください!

        
Top