夏の冷えのぼせが起こる原因と治しかた

夏の冷えのぼせが起こる原因と治しかた

【画像】夏 冷えのぼせ

昨年の夏を思い出してみてください。暑さでぼーっとしたような「のぼせ状態」を何とか避けたいため、涼しい衣服を身につけてエアコンの効いた室内にいることが多くなってしまいました。そしてその結果、いつのまにか身体が冷えていることもありましたね。

「冷えのぼせ」について知り、トラブル知らずの身体をキープしましょう。

 

夏の冷えのぼせはこんなところから

冷えとのぼせが体内に共存しがちな夏、体調管理の難しさと不快を痛感します。夏の冷えのぼせが起こる理由は何なのでしょうか。

原因は、ずばり「冷えすぎ」です。

冬によく経験することの中のひとつに、「マフラーをはずすと一気に寒気が襲ってくる」というものがありますね。それだけ、首回りはデリケートな部分です。脳から身体全体に張り巡らされている神経が集中している場所だからです。

話が少しずれますが、事故によるむち打ちを経験したことのある方はいらっしゃらないでしょうか。むちうち(頚椎捻挫)はとても辛いもので、筋肉の張りが血管や神経を圧迫し、のぼせやめまい、耳鳴りや吐き気など自律神経失調症の症状を来たすことがあります。

首の周りは体調を左右するとても重要な部分。神経を保護するために冷やし過ぎないようにします。

 

夏の冷えのぼせを招く生活スタイル

夏にありがちな生活のスタイルに、「暑いとついつい冷たいものを食べたり飲んだりしてしまう」「長時間エアコンの効いたオフィスにいる」「屋外と室内の気温の差が激しいところの往復で汗冷えする」というものがあります。

身体が冷え始めると、それに対抗するために脳は体温を上げようとします。特に生命維持に重要な脳・内臓は体温をキープしなければならないパーツ、上半身に血液が集中してしまうことはすぐにわかりますね。これがのぼせです。この“システム”を意識しましょう。暑いからと身体を冷やしてしまえば、身体は失った分の熱を生み出そうとします。夏ならではの生活スタイルが夏の冷えのぼせを招いていることも往々にしてあります。

 

夏の冷えのぼせは他にもこんな症状を招く

冷えとのぼせが同居する身体は、自律神経が乱れています。暑さ寒さの変化に対応しきれないために、交感神経と副交感神経がめまぐるしく頻繁に働いているのです。この状態が深刻化すると、寝つきが悪くなったり、不安や緊張が続いたりという現象を経験することになります。あのいやな夏ばてを招くこともありうる話です。

夏の冷えのぼせは、それ自体が不快なだけでなく、生活の質すべてに関連することでもあるのです。

 

夏の冷えのぼせはこうやって治す

身体の冷えすぎが冷えのぼせに通じているのであれば、冷えている部分を温め、あるべき温度に戻すことが重要だとわかります。

最初に行うべきなのは、冷たいものばかりを食べたり飲んだりする生活習慣の見直しです。胃腸が冷えると、そこから伸びる血管も縮んでしまい血液の循環が悪くなってしまいます。冷房の効いた室内で飲むものは、温かいものか、せめて常温のものに切り替えてみてください。どうしても冷たいものが飲みたいときは、少量ずつ摂取するようにするのもよいでしょう。

足元が冷える方は、オフィスで足を温める工夫をしてください。特にデスクワーク中心の方は腰から下の動きが減るために冷えやすい環境に置かれています。足元用の小さなヒーターパネルを使う、女性ならばストッキングの上から靴下を重ね履きする、ひざ掛けで足全体を覆うなどの対策をとってください。

身体の中で「暑い」と「冷える」が同居する冷えのぼせは、体温の不均衡によって不調を招くものです。まず冷えないようにする、冷える原因を排除することによって冷えのぼせを予防することが最大の対策となります。少々荷物は増えますが、ひざ掛け代わりにもなるカーディガンやジャケットを準備しましょう。椅子から立ち上がって足を動かしたり、お手洗いに行ったときに足のストレッチを行って血の巡りをよくすることも効果的です。

 

重要な神経が通っている首回りは、無理に温める必要はありません。襟足から背中にかけて寒い、冷えから首が凝っているようなら、エアコンの影響を受けないようカバーする程度の“防御”でOKです。それでなくてものぼせを感じているのですから、熱いと感じるほどにしてはいけません。

 

夏の冷えのぼせ解消は、熱中症予防にも

熱中症対策のために、身体を冷やす、水分を取ることが推奨される時期に入りますが、冷えにも注目してください。冷えは体温調節が上手にできていない証拠でもあり、暑さに順応できず熱中症のリスクを高めてしまうことにもつながってしまいます。

冷えのぼせを解消することは、それそのものから生じる不快感・不調を防ぐと同時に、熱中症対策でもあるのです。

日頃の心がけで夏の「暑さ」「冷え」と上手につきあい、ばて知らずの健康的な身体を手に入れてください。

 

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

        
Top