緊張すると汗が顔から大量に出る人が知っておきたい原因と解決法

緊張すると汗が顔から大量に出る人が
知っておきたい理由と対策

緊張すると汗が顔から大量に出る理由と解決法!

緊張を強いられるシーンで、顔に大汗をかく方がいらっしゃいます。

それを目にしたこともあるでしょうし、もしかするとあなたご自身がそうかもしれませんね。

今回は緊張による顔の汗を少しでも軽減する方法がないかを探っていきましょう。

 

「緊張して当たり前」―心の状態を受け入れる

人は誰しも緊張することがあるものです。

人によって緊張するポイントは異なっても、どっと汗を感じることも、胃がしくしく痛むように感じる場面があるのです。

ですから、「緊張して顔に汗をかいてもそれは普通のこと」と認識してください。

心理的なものが顔の汗に影響を与えているのは、もう既にご存知のことでしょう。

でしたらなおさらです。「汗をかくのは仕方がない」と頭では理解しているのに、ご自分の心を「どうしよう、どうしよう」と追い込んでしまうことが一番良くないことといえるのです。

緊張・自分を追い込む・さらに緊張…の悪循環に陥らないようにしてください。

 

交感神経の高ぶりを抑えるために―「深呼吸」

緊張は交感神経が優位になったときに起こるものです。

その反対側に存在する副交感神経を優位にする方法として、深呼吸が大きな役割を果たしてくれるのはご存知でしょうか。

緊張して顔に汗を感じ始めたら、ご自分の呼吸の状態を観察してみてください。

浅く、早い呼吸になっていないでしょうか。

いきなり“深く吸う”ことはできませんので、息を吐けるだけ吐いて吸い込む余地を作ってください。それから大きく5秒ほど吸い、5秒ほどかけて吐き出す動作を繰り返すのです。

緊張するシーンで顔に汗を感じたら、この呼吸法で副交感神経を優位に立たせ、リラックス状態を体の側で作り出してください。

 

極度の緊張時には―「ネコならぬキャラをかぶってみる」

緊張により額から顔に流れる汗を感じるほどの“極限状態”となったなら、本来あるべき姿を演じてみるのはいかがでしょう。

緊張時には、失敗したときのことを想像し、心理的に自分で自分を追い込んでしまっているものです。

緊張のシーンを客観視し、こころをその場から一歩遠ざけてみるのです。

このために「成功したときの自分」というキャラクターを演じてみるのです。

素のままの自分に自信がないとき、人は慌てます。

この状態が緊張です。

もしも素のままでその場にいることが辛いのなら、演じてみよう、という方法です。

ウイリアム・ユーリーの「ハーバード流交渉術」という書籍がベストセラーとなったことを覚えていらっしゃるでしょうか。

この本の中でも、交渉時には「交渉時にはバルコニーに上がれ」と諭しています。

自分と交渉相手をコントロールするために客観視することを勧めた名言です。

キャラクターをかぶるにしても、バルコニーに上がるにしても、共通しているのは“今の自分の心理状態にしばられるな”ということなのです。

ビジネス書のベストセラーからも学べる不思議な共通点ですね。

 

身体の他の部分の汗腺に休みを与えない

汗は、体の体温調節に必要な大事な機能です。

理想的な汗のかきかたは、全身で、です。いくら精神的なこととはいえ、緊張時に顔だけ大汗をかくのは不自然です。

緊張時ではなくても顔の汗でお悩みならば、身体の他の部分がどうかを観察してみてください。

もしも全身で汗をかくことができていなければ、あなた自身の生活全般を見直す必要があります。

汗腺を甘やかし、汗をかかない部分を作ってしまっている可能性があるのです。

人が一日にかく汗は、1日1~3リットルにも及びます。

これを全身でまかなえれば、顔や頭に集中することはなくなるはずです。

日頃の運動不足などから“お休みしている汗腺”があれば、活動的な汗腺がさらに活発になってしまうという悪循環に陥るのです。

日頃、デスクワークが多い方に顔の汗のお悩みが多いと言われるのは、このためかもしれません。

上半身は比較的動かすのに、椅子に座っている部分、下半身はほとんど動かさない―この状況は、全身で汗をかくことからはほど遠いといってもいいでしょう。

下半身の汗腺を休ませないためにも、じっくりと入浴する、ストレッチなどの軽い運動を毎日続ける、時にランニングやウォーキングといった強めの負荷がかかる運動をしてみるという生活習慣を取り入れなければならないでしょう。

 

おわりに

緊張から顔に汗をどっとかく―女性はお化粧崩れに繋がるため、恐怖感に襲われます。

男性もまた、「何となく不潔そう」と思われないかと心配になります。

この顔の汗は、心理的なストレスから起こることが多々あります。

緊張から一歩遠ざかるために、自分自身を受け入れる、深呼吸をしてみる、落ち着きを演じてみる、体中で汗をかく体になっておくという方法がありました。

一番大切なのは、自分で自分を追い込まないということかもしれません。

緊張すれば、誰でも汗をかくのです。それはとても自然なこと。

それを常に意識しておいてくださいね。

そのことをきちんと理解して、ご自分の汗とナチュラルなお付き合いをしてあげてください。

あなたと、あなたの汗は、自然のままでいいのです。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

制汗剤AHCシリーズ 詳細はこちら

 

使う度に臭わなくなる!ヨーロッパで大人気の体臭・加齢臭・ワキガ用フォーム

ブロメックス+詰め替え用セット

体臭・加齢臭・わきがにお悩みならこちら

        
Top