風邪をひいたとき、汗をかくと治るって言うけどホント?

風邪をひいたとき、汗をかくと治るって言うけどホント?

画像_風邪をひいたとき、汗をかくと治るって言うけどホント

昔から、「風邪をひいたときには、汗をかくと治る」と言われています。言い伝えもさることながら、体験上、そのように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、それは本当なのでしょうか。風邪をひいたときには汗を積極的にかいたほうが治るのが早いという医学的な根拠はあるのでしょうか。

今回は、風邪と汗の関係を調べていこうと思います。

 

風邪にかかると汗をかくことの必然性

風邪というものは、ウイルスが体内に入り込むことから発生します。このウイルスと免疫機能が“戦い”を起こすことから発熱を引き起こすことが「風邪の熱」です。このとき、体は重要な臓器を守るために熱を逃がそうと汗を出します。風邪をひくと汗が出るのも当たり前の話です。

この自然現象である汗ですが、厚着をしたり熱いものを食べたりし、積極的に「汗をかくように仕向ける」のは正しいのでしょうか。いいえ、それはあまり望ましいことではありません。

先にも触れたとおり、体内での戦いが熱や汗を呼んでいるのですから、それは自然に任せておくほうが早く治るようです。もちろん寒気がする場合は適切に体を温める必要はあります。

 

寒気がなく熱がある場合に温めて汗をかくことは、むしろNG

寒気がなく、むしろ熱が出ているときに温め、発汗させて治そうとするのは、逆効果。体内は“戦い”を続けていますから、極力体力の消耗をしないようにすべきです。外部から進入してきた敵と戦う白血球は、体温が1度上がると、それまでの体温時と比較して5倍ほどの働きを示すといわれます。体そのものに、風邪を治す力が備わっているのです。その治癒力の邪魔をしないために、体力を温存しなければならないのです。

風邪は、自然治癒力で治すことしかないといわれています。市販の風邪薬は一時的に症状を抑えるだけです。お薬で治すのではありません。自ら治す力をキープするために、症状を緩和させるという仕組みです。それは、お薬のパッケージを見ても一目瞭然。「風邪の諸症状」としか書いていないはずです。無理に汗をかくことも必要ありませんし、症状が軽いときには風邪薬さえいらないでしょう。

 

積極的に汗をかくことの危険性

風邪を治すには汗をかくとよい、と言われてはきましたが、実際には温めすぎ・発汗による脱水症状などむしろ危険となることも考えられます。汗をかくために無理に温めると、体内に熱がこもり、意識の低下や耐力消耗といった現象にもつながってしまうのです。

熱が出始めの寒気には温めを、高熱・発汗が現れたら首から後頭部、わきの下を冷やし必要な水分補給を怠らないことが大切です。

自然な発汗で衣服が濡れてきたら、こまめに取り替え、汗冷えしないようにすることもお忘れなく。

 

なぜ「風邪をひいたら汗をかくと治る」と言われてきたのか

東洋医学では、汗は悪いもの(毒気)を体から出すためのものとされています。そのため、風邪のときも積極的に汗をかこう、という考えが広まったとする説があります。また昔の住宅事情のため、風邪のひき始めの寒気は今より強く感じられたことから、「とにかく温める」という考え方もあったようです。

健康なときはサウナなどで汗をかくこともよいでしょうが、さすがに風邪ともなると体力を消耗させないために無理な温めは避けなければなりません。自ら治る力を持っているのに、それをみすみす弱らせてしまうことにもなるからです。

現代医学では、無理に汗をかくことはNGとされています。

 

風邪のとき、汗は自然にかくに任せるのがベスト

上でご説明したとおり、風邪の際に発熱・発汗するのはとても自然なことです。人体が持つ治癒力でもって風邪を治そうとしているのですから、そこに無理をさせることはよくありません。寒気がなければ不必要に体を温めすぎない、水分摂取をこまめに行う、といった行動が重要です。

人が外部から行えるのは、汗をかいたときの衣服の取替え位のものでしょうか。汗で体が冷えてしまえば、更に深刻な状況にもなり得ます。

 

安静にして治るのを待つ!

発熱時に無理に温め汗をかくことの危険性もおわかり頂けたところで、「じゃあどうやったら早く治るの」というご質問に秘訣をお伝えします。とにかく安静にすること、これに尽きるようです。食欲がなければ無理に食べないことも大切です。これは内臓が「栄養を取るよりも休ませて」と言っているサインなのです。水分だけはしっかりと取ってください。

とにかくじっと横になり、不快な症状が過ぎ去るのを待つのが早く治るためのコツです。風邪は自分の力で治すしかないのです。不要に動き回ったりして体力を奪われないようにしてくださいね。

 

「本物の風邪薬を発明したらノーベル賞もの」

風邪は、日ごろからかかりやすい病気でありながら、風邪のモトであるウイルスのどんな型にも対応した薬が無いのが実際のところです。そのため「本物の風邪薬を発明したらノーベル賞もの」とさえ言われるほどです。

身近な病気だからこそ、日ごろから免疫機能を落とさない食生活を心がけ、自力で治す体力をつけておかなければなりません。もしかかってしまっても、安静にすることで治るまでの期間を短くすることができます。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

驚きの制汗力を、まずは
AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

        
Top