汗腺とは|汗対策はメカニズムを知ることから!

汗腺とは|汗対策はメカニズムを知ることから!

汗腺とは

汗腺とは、そのものズバリ、「汗が発生する」ところです。この汗腺を知ることによって、汗とのうまいお付き合いができるというもの。汗腺とはどういうものなのか、どんなときに活発に働くのか、ニオイとの関係について…。知れば知るほど汗対策も容易になることでしょう。

 

汗腺とは…実はその種類、ふたつ!

汗腺と一言でいっても、二つの種類があることはもう既にご存じかも知れません。そうです。「エクリン腺」と「アポクリン腺」ですね。それぞれ役目が異なりますので、これらからにじみ出てくる汗への対策もまた別のものです。

 

「エクリン腺」から出る汗はどんなもの?

エクリン腺と呼ばれる汗腺とは、私たちが「汗」と認識するものを発するものです。日本人には約230万個のエクリン腺があるとされていて、このエクリン腺から出る汗は99%が血中の水分で基本的に無臭です。

 

「アポクリン腺」から出る汗はどんなもの?

アポクリン腺と呼ばれる汗腺とは、わきの下などの特定の場所に存在します。アポクリン腺から出る汗は、通常毛穴を通って分泌されます。タンパク質を含んだその分泌物は、ときにヒフの表面の細菌により分解されることでニオイを発するようになります。

わきの下の汗が臭うのは、このアポクリン腺からの分泌液が多いからです。わきの下は他の場所のヒフとは異なり空気に直接触れることが少ないため、ムレやすく、細菌の繁殖が進みやすい場所なのです。

同じ汗腺とはいえど、エクリン腺とは異なるものであることがわかります。

 

汗腺が活発に働くときはこんなとき

汗腺とは、体温調節にとってとても大切な役割を担っています。運動をしたとき、夏の高温時、病気によって高熱を発したときは、脳や臓器を守るために身体を冷却してくれます。発した汗が気化し、蒸発するときに身体の熱を奪っていってくれるのです。

しかも、自分の意思でコントロールしているわけではなく、必要なときに必要なだけ汗は出ます。人体に備わったとても大切な温度調節機能ということなのです。この仕組みを知っていれば、汗を悪者扱いする気にはなれませんよね。

 

汗腺とは…意外に“休みグセ”アリ

からだ全体に分布する汗腺ですが、積極的に“活用”しなければ休んでしまうことがわかっています。普段運動することのない方に多く見られるのが、下半身の汗腺のお休み。デスクワークが中心の方ならば、忙しく動くのが上半身、イスに座ったままなのが下半身という状態ではないでしょうか。下半身にある汗腺とは、このような状態のとき、その働きを止めてしまいます。

これもまた一種自然なことで、動かない部分よりも動く部分を冷やそうと、汗が上半身に集中してしまうのですね。本来は全身で汗をかくのが正しいありかた。それでも必要な部分で汗をかくのも、汗腺の存在する理由を考えれば不自然なことではありません。

 

夏場の汗対策は、春から始まっています!

汗腺とは、全身にあり、その全てが均等に働くのが本来の姿です。同じ量の汗をかくはずなのに、上半身だけでかいてしまうと気持ちが悪いものですね。先に触れた「お休み中の汗腺」を目覚めさせることをしておかなければなりません。

一駅手前で降りて歩く時間を作ってみる、テレビを見ながら全身のストレッチをする、休日にはウォーキングにチャレンジする、お風呂にゆったり浸かる時間を作る…こんなことを日々の生活の中に取り入れておきたいと思います。

夏の汗対策は、春から取り掛かっておかなければならないのです。

 

清潔にすることが、何より大切です

汗腺とは、2種類ありましたね。「エクリン腺」と「アポクリン腺」でした。汗のにおい対策のためにエクリン腺からの汗を洗い流すのはもちろんですが、もうひとつ清潔を保つことが必要な意味があります。

アポクリン腺が皮膚の表面に現れる場所、つまり毛穴が詰まってしまい炎症を起こすことがあるのです。毛穴詰まりが起こると、その中で雑菌が繁殖します。それでもアポクリン腺は次のたんぱく質を含む液体を押し出そうとします。それがまた雑菌のえさとなり赤く腫れ上がってしまうことがあるのです。

時には病院へ行かなければならないほどに巨大化し痛みが発生したり、切開して内容物を取り出さなければならないこともあります。このような状態を避けるためにも、身体を清潔にすることは大事なことなのです。

 

締め付けない衣服・汗を吸収する素材を選ぶことも大切

汗腺とは、体温調節に欠かせない大切な器官です。その働きを妨げないためにも、空気の出入りしやすいゆったりした衣服、汗を吸収する素材を選ぶ必要があります。体中を化学繊維で締め付けるのは、汗腺からすれば“邪魔”でしかありません。選ぶべきは、自然に呼吸するような衣服、とでも表現すればよいでしょうか…。

衣服を上手に選ぶことが、汗腺という身体に備わった冷却装置を正しく動かすことにつながると同時に、ニオイ対策にもなるのです。春先、新しい洋服を購入するときには、このようなことにも気をつけながらアイテム選びをしてみてください。汗と上手につきあうために、これまでご説明したことを参考にしていただければ幸いです。

 

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

        
Top