冬に脇汗、どうにかならないの?

冬に脇汗、どうにかならないの?

冬に脇汗…これって、どうにかならないの?

脇汗といえば夏場、というイメージがありますが、意外と冬の方が問題は深刻です。しかも、自分自身で意識しづらい分、他の人へ与える「ニオイの印象」がガタ落ちしてしまうこともあり得ます…。

今回は、冬の脇汗の原因や対策を考えてみたいと思います。

 

冬の脇汗が深刻な原因と理由

電車やバスで通勤・通学をされている方ならば思い当たることのひとつに、「こまめな体温調節がしづらい」というものが挙げられるでしょう。乗り継ぎの際、冷たい外気にさらされるホームではコートは必要です。ですが、車内に乗り込むとき、コートを脱ぐタイミングを逸してしまうというものです。

コートを着たまま、寒い場所と人いきれのする車内との移動を繰り返すうち、知らぬ間にコートの中は脇汗を多くかいています。保温性の高いコート類は、通気性がよくないもの。そのため、かいた汗が衣服に染みこんだまま会社や学校へ着いてしまうということになるのです。

 

冬は汗腺が休んでいるから…

夏場と違い、冬は汗腺がお休みしがちです。冷えの来やすい手足周辺は汗をかきにくくなります。その状態で脳が「汗をかかなくては!」と指令を出すと、衣服を着こんでいる上半身で汗をかいてしまうのです。

冬の汗の特徴は、かく部分が限定されがちということ。このことも手伝って、気が付けば脇汗のニオイが…ということになってしまいます。 さらに、夏場とは違い、冬はこまめな水分補給を行いません。すると、かく汗の塩分濃度が高くなることもあり、ベタベタ・ニオイやすい汗になりがちです。

 

対策その1―冬こそ脇汗パッド

冬の汗の多くは脇汗、ということを理解すればケアも比較的容易です。冬場も是非脇汗パッドのご使用を…。衣服の汗染みが目立つこともありませんし、ニオイやすい冬の汗をパッドごとポイッと捨てることができますから、便利なことこの上なしです。

冬服の特徴である「自宅で洗いにくい素材が多い」という点からも、この脇汗パッドはかなり有効。知らず知らずのうちにかいてしまった冬の脇汗が、次にクリーニングに出すまで衣服に蓄積されているとするなら…。あまり考えたくない事態です。

「汗をかく部分はほとんど脇」とわかっているのなら、この部分をカバーするのが手っ取り早い対処法かもしれません。

 

■対策その2―汗取り・保温機能を持った機能型インナー

冬こそ脇汗が気になる季節と理解している衣類メーカーは、保温機能に加え、脇汗を吸収するインナーの発売を始めています。温かい上に汗取りができるのですから、これを日頃の衣類に投入するのも良いかもしれません。

アウターの袖丈に合わせられるよう、3分袖・5分袖・7分袖といったバリエーションの取り揃えをしているメーカーもありますから、着る物に響かないところもありがたいですね。お気に入りのアウターの袖丈に合わせて何種類か準備しておくと、「脇汗で失敗」と思うことも少なくなります。

脇汗パッドと同じように、インナー自体が脇汗を吸ってくれますから、お気に入りの衣類へのニオイや汚れの蓄積もかなり軽減できるはずです。

 

■対策その3―食べ方や食べ物をコントロールする

冬場のごちそうといえば鍋物を代表とする「あつあつ」のお料理です。年末年始ともなれば、忘年会・新年会など暖房の効いた飲食店でそのような食べ物をオーダーすることが増えますね。このような場合は、適度に冷ましながら食べるといった工夫をする必要があるかもしれません。

人の身体は、食べ物を取り入れると熱を発するのが自然の摂理です。これを「食事誘発性熱産生」といいます。消化器官が栄養素の分解をするために運動をすることから、自然と体温があがるのです。

それに加え、食品そのものが熱い、部屋の温度が暑いとなれば汗をかくのは当然のことです。 一旦取り皿に取り分けて、冷ましながら食べるといった工夫をするとよいでしょう。 また、この「食事誘発性熱産生」はタンパク質を多く摂取したときが一番高いとされています。

「今日はあまり汗をかきたくないな」というときは、極力お野菜を中心にセレクトするとベスト。 汗をかきたくないときは、食べ方や食べ物を調整することも大切です。

 

対策その4―制汗剤を厳選して

これまで見て来た通り、冬の脇汗こそ上手くコントロールする必要があります。そこで重視していただきたいのが制汗剤です。汗をパウダーで吸収するタイプもありますが、「汗そのものをぴたっと止めてしまうタイプ」も使ってみていただきたいと思います。 このタイプなら効果は長時間続きますし、パウダーが汗でポロポロと落ちる不快感もありません。寒い冬の朝、着替えの前にスプレーを使用することを苦手とする方も少なくないですね。

私たちの取り扱っている「AHC」シリーズなら、夜の入浴後、体が温かいうちにすっと一塗りするだけのとてもラクチンな商品です。一番人気の商品は「AHCセンシティブ」。

冬こそ気を付けたい脇汗対策には、効果と使いやすさも大切です。無料サンプルもご用意していますので、どうぞお気軽にお申し付けください。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

驚きの制汗力を、まずは
AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

        
Top