つや肌と汗のテカリは違います!乾燥する冬場だから見直したい化粧下地

つや肌と汗のテカリは違います!乾燥する冬場だから見直したい化粧下地

2_%e5%86%ac%e3%80%80%e5%8c%96%e7%b2%a7%e4%b8%8b%e5%9c%b0

最近、「つや肌メイク」が流行しています。マットな肌感はフォーマルな場にふさわしいものですが、通常のメイクにはちょっと重たい感じがしますね。

つや肌はナチュラルでフレッシュな感じを演出できますので、人気があるのは納得です。 しかし、「つや肌」と「汗のテカリ」とは全く別物です。その違いと、冬場に気をつけたいことをご説明します。

 

つや肌とテカリはどう違う?

「肌つやがいい」という言葉は古くから使われてきたものです。すっぴんでいても、みずみずしく美しい肌のことをさす言葉で、女性永遠の憧れです。このみずみずしさをメイクで実現しようとするのが「つや肌メイク」です。つまり、皮膚の皮脂と水分バランスが整っているように見える「つや」を再現することを指します。

一方、皮脂によるテカリはどうでしょうか。一見つやのように写りますが、その実は肌の状態のバランスが乱れているのです。水分が不足し、それを補おうとしてせっせと皮脂を分泌していますので、その油分がファンデーションと混ざり合い、ベースメイクが崩れてしまうのです。

 

化粧下地の役割

最近は「つや」「下地不用」を売りにしたファンデーションも多く発売されていますが、それでも化粧下地はとても大切です。化粧下地の役割は、ファンデーションに含まれる油分や添加物から肌を守る、肌のきめを整える、肌の表面をなめらかにしファンデーションの密着度を高めるといったものです。 特に注目すべきは、保湿成分を含んだもの、皮脂を抑制する効果をもたせた化粧下地です。

つや肌メイクは、肌そのものの美しさを活かしたり、再現したりするものですので、このような効果をもった化粧下地を活用することには大きな意味があります。

 

汗をかいたり乾燥したりと変動しやすい冬こそ化粧下地を厳選

冬の乾燥した冷たい風は、肌から水分を奪っていきます。また、空調の効いた場所にいることの多い方はさらに乾燥に悩まされていることでしょう。丁寧なスキンケアはもちろんのこと、化粧下地で保湿することも忘れないでください。

実は、冬は肌にとってとても過酷な季節です。乾いた風にさらされたかと思うと、満員電車や厚着で突然汗をかいてしまうこともあるからです。汗はファンデーションと混ざり合い、肌に刺激を与えることもあります。 このように、肌の状態が不安定になりがちな冬こそ、化粧下地を厳選しなければなりません。保湿成分に富み、肌を保護する役目を果たしてくれるものをチョイスしましょう。日頃使っている基礎化粧品や肌質との相性もありますので、サンプルが用意されている商品であればそれを利用し、確認・厳選することを怠らないようにしてください。

 

本当の「つや肌」の作り方

夏に浴びた紫外線の影響がじわじわと現れ始める秋口から、基礎化粧品を「冬物」に変えましょう。保湿成分を多く含むものが最適です。水分と適度な油分で肌のゆらぎを鎮めてくれるものを選んでください。 そして、メイクをしていないとき、つまりノーメイクでいてよい自宅では積極的に汗をかいてください。汗は皮脂と混じりあい、「皮脂膜」を作ってくれます。この皮脂膜は肌を守る良い常在菌のすみかとなり、皮膚を外的刺激から守ってくれるバリアの役目を果たします。

今流行中の「肌断食」も、汗や皮脂、常在菌によるバリアを再生することを目的としています。肌によさそう、と思ってはいても、社会人であればメイクをすることは最低限のマナーとされていますのでハードルは高いものです。せめて自宅にいるときは肌本来の働きである汗・皮脂の分泌を妨げないことが大切です。

メイクを落とすクレンジングも、油分をごっそりと奪い取るオイルタイプではなく、適度に油分を残すクレンジングクリームを使ってみてはいかがでしょうか。さっぱり感を求める方には物足りないかもしれませんが、やわらかなクリームは肌の摩擦を減らしてくれる効果もありますので、一度試してみてください。

 

額から滴る汗は制汗剤でブロック

肌を乾燥から守るためのケアをして肌も潤い、ベースメイクをしてせっかく「つや肌」を作っても、汗で崩れては元も子もありません。特にメイク崩れが気になる部分はどこですか。鼻周りであれば小鼻用下地を使えば崩れを最小限にとどめることができますし、あぶらとり紙を使用すれば何とかなるものです。

一方、手立てが見当たらないのが額から滴る汗ではないでしょうか。そんな時は「AHCクラシック」「AHCセンシティブ」で対策を。額にも使える制汗剤です。 敏感肌用の「AHCセンシティブ」の無料サンプルをご用意していますので、是非お申し込みください。送料も無料です。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

        
Top