冬なのに汗の臭いが?衣服にこもりがちな臭いの撃退法教えます!

冬なのに汗の臭いが?衣服にこもりがちな臭いの撃退法教えます!

3_%e5%86%ac%e3%80%80%e6%b1%97%e3%80%80%e8%87%ad%e3%81%84

夏は汗をかいている自覚がありますので、臭いにも敏感になるものです。しかし、冬はどうでしょうか。秋冬になれば、制汗剤のテレビCMも見ることがなくなりますし、「寒いから汗はかかない」というイメージから汗の臭いの存在を忘れがちです。その感覚、正しいものでしょうか…。意外な理由で汗の臭いが気になる冬に、注意したいポイントをご説明します。

 

実は冬の方が汗を多くかく

意外に思われるかもしれませんが、人間の体は寒い時期でも汗を多くかくものです。というのも、冷えに対抗するために、基礎代謝があがるからです。基礎代謝とは、じっとしていても消費されるエネルギーのことです。生命維持のため、自分自身で意識しなくとも呼吸や心臓の拍動は行われています。体温を維持することも命を守るために大切ですので、冬の基礎代謝は夏よりむしろ高いのです。寒さに凍えたとき身震いをすることがありますが、これこそ体温を保つため、熱を発するために意識せず行っている自然な現象なのです。

このような状態にあり服も厚手になる冬は、空調の効いた部屋や人の多い場所など、ピンポイントではありますが、夏場よりも多くの汗をかくのです。体が震えるような寒いところでは体は熱を逃がさないよう血管を縮小させていますが、暑いと感じるほど暖房の効いた部屋に入ると一気に血管が広がり、その結果として汗をかいてしまうのです。

 

自分では気づかない衣類の臭いがあることを知っていますか

上記の理由により思いがけず汗をかいてしまっても、汗が気にならないのはどうしてでしょうか。衣類の内側で汗が蒸発し、湿度があがることで、むしろ「温かく快適」と錯覚してしまうことも理由のひとつです。重ね着で肌に密着したシャツやブラウスが汗を吸ってくれるので、夏にありがちな「汗が流れ落ちる感覚」がないことも挙げられます。

かいた汗はどこに行くのでしょう。当然のことながら、衣服の繊維が吸い込んでいます。その汗の臭いは自分では気づきにくいものです。というのも、鼻がその臭いに慣れてしまっているからです。脳がストレスを回避するためのその機能は、「順応反応」「馴化」と呼ばれていますが、線路そばに住んでいるのに、遮断機の警報音や小さな振動をスルーできるようになるのも、この機能のおかげです。

しかし、このありがたい機能が、自分の臭いに気づきにくくなるというデメリットをももっているのです。

 

冬物の服のほうが臭いを溜め込みやすい理由

冬に着る衣服は、化学繊維を用いているものが多くあります。天然の素材と比較すると通気性が良くない化学繊維ですが、そのおかげで外気の冷たさに触れずに済むというメリットがあります。通気性が良くないということは、かいた汗が肌や衣服に広がり、細菌が好む高湿度となることによって増殖する結果を招いてしまいます。化学繊維の断面拡大写真を見たことがあるでしょうか。とても複雑な形状をしていて、それを織ったり編んだりしてできている生地には目に見えない小さなスペースが多く、雑菌のすみかとなりやすいことは想像に難くありません。

また、1枚1枚が厚いのも冬物の服の特徴です。生地を構成する繊維(糸)そのものが太かったり、生地を数枚重ねて厚みを持たせたりしていますので、洗濯しても汚れや汗、菌を完全に落としきれないことによって臭いが消えないことがあるのです。

 

汚れが目立たなくてもまめな洗濯をし、衣類用消臭スプレーなどを活用

汗の臭いを気にしている方であっても、服の素材によっては1日着たらすぐに洗濯、という訳にはいかないことがあります。ウールのセーター、ダウンジャケット、コートなど、自宅では洗いにくいものはクリーニングに出すしかありません。

幸い、そのような衣類は素肌に直に触れるものではありませんので、汚さないような注意を払ったり、素材によっては防水・防汚スプレーを使ったりすることができますので、洗濯のサイクルを長くすることができます。

一方、肌に直接触れるインナーや、インナーに触れ汗の影響を受けやすいシャツ・ブラウス類は毎日洗濯してください。冬は汗をあまりかかないというのはイメージだけです。冬は思う以上に汗をかく季節ですので、「お天気が良くないから洗濯は明日にでも」「枚数がまとまってから洗濯すればいいや」というのは良くありません。洗濯物は溜めている間にも菌が繁殖してしまいますし、吸った汗やはがれた皮膚・皮脂がこびりついて頑固な汚れになり、臭いまで染み付いてしまいます。

こまめな洗濯や汚さない工夫をしても、汗やその他の臭いが気になるといって、香りの強い柔軟剤でごまかすのはNGです。臭いと香りが混じってむしろ不快な臭いになってしまうこともありますし、強い香りは「スメハラ」となることがあるからです。

積極的に使いたいのは、衣類用の消臭スプレーです。できれば無香タイプを選びましょう。これなら他の人に迷惑をかけることはありませんし、自分の好みの香水を使うときの邪魔をしませんのでおすすめです。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

        
Top