冬の汗染みを出さないインナーの選び方

冬の汗染みを出さないインナーの選び方

Frau mit Schmerzen in der Brust

冬こそ、汗対策のインナーが必要です!

「どうして?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、日ごろのことを振り返ってみてください。

朝晩が寒いからと、厚着をします。さらにコートも羽織るでしょう。そんな状態で満員の電車やバスを乗り継ぎするわけですから、コートの中は知らないうちに汗びっしょり…。 「そう、そんな感じ」と思い出して頂けますね。

冬こそ汗対策のインナーが重要なのです。汗が外気で冷えると風邪をひいてしまうことにもつながります。しっかり対策しましょう。

 

冬の汗染みさせないインナーは「パッケージで選ぶ」

汗染みを出さないインナーをすばやく見つけるには、パッケージを見ることです。

「汗染みしない」「汗染み防止」といった印字がされていれば、それを手に取って見てください。

素材そのものに吸汗・汗の放出機能を持たせたものが主流です。 大手量販店で見付けやすいのが、このタイプです。

 

冬の汗染みさせないインナーは「構造で選ぶ」

冬は、ことによっては夏以上に汗染みに気を遣うことがあります。汗の色がはっきりとわかるダークな色合いの洋服が増えるからです。

そういった点からすれば、汗をしっかりと吸い取ってくれる「汗脇パッド一体型」のインナーを選ぶことも必要でしょう。

インナーについているパッドが汗をしっかりと吸ってくれますので、洋服にまで響かないのが特徴です。このような商品は、大手通販サイトが自社企画で製造・販売していることが多いものです。

「汗脇パッド インナー」で検索すると見つかります。冬用に保温性を高めた生地で作られたものもありますから、冬の汗染みと同時に、温かさを保つためにも“使える一品”です。

 

冬の汗染みさせないインナーは「素材で選ぶ」

冬は厚着をするために、どうしても通気性の面で問題が生じがちです。インナーや洋服の中にこもった湿気は、汗のニオイを増幅してしまいます。汗染みと同時に、ニオイの問題も軽減したいのなら、しっかりと素材を選んでください。

暖かさを追求するには、あえて通気性のよくない化学繊維を選ぶものですが、せめてインナーだけでも綿のものを選ぶようにするとよいでしょう。汗を吸う力も強力ですし、化学繊維の上で菌が増殖するあのいやなニオイも防止できます。 吸湿性に富んだ綿・絹、化学繊維ならばレーヨン・キュプラが適しています。

インナー購入の際には、素材にも注目してみてください。素材選びひとつで、快適さが全く変わってきます。

 

冬の汗染みさせないインナーは「洗いやすさで選ぶ」

毎日着替えるインナーは、自宅で洗濯機洗いできるものを選びます。当然といえば当然なのですが、先に挙げたレーヨンやキュプラは、洗濯機で洗うと縮みやすかったり、シワになりやすかったりします。 完全に衣類の下で人目に見えないインナーであれば良いのですが、ふと襟元を開けたときに見えるクビ周りがくたっとしていると少し残念ですね。

もちろん、干すときにパタパタとはたく・手のひらで叩くなどしてきちんとシワを取っておけば大丈夫です。 洗濯のしやすさで選ぶのも大切な1ポイントです。

 

冬の汗染みさせないインナーは「価格で選ぶ」

冬場の意外な汗は、知らないうちに繊維に蓄積され、独特のニオイに発展することも珍しくありません。毎日洗ううち、くたびれてくることもあるでしょう。特にニオイが気になる方ならば、「安いものを購入し、ワンシーズンで廃棄してしまう」という考え方があってもしかるべき、でしょう。

気軽に処分するためには、安価なものでなければなりません。価格という面にとらわれれば、心理的に処分しづらくなります。「これはワンシーズンのみ」と決め、毎日洗濯することを前提に購入枚数を減らす、という方法もあります

。 冬の汗の、あのこもったようなニオイがインナーに染み付いてしまうのはいやだ…。そんな方は、安いものを買い、一冬でさよならする、という考え方をしてもよいでしょう。

 

■冬の汗染みさせないインナーは「各種揃える」

汗染み対策としてのインナーは、冬物の選び方が難しいものです。「汗染み対策」「温かさ」のどちらを優先するかという問題があるからです。上に着る洋服との兼ね合いもありますから、数種類揃えることも大切です。

汗染みが気になる色合いの洋服を着る日には、「汗脇パッド付き」がよいでしょう。汗の色が目立たない洋服ならば、「汗を吸う機能が多少弱くても温かさを取りたい」かもしれません。手持ちのアウターの種類にあわせ、インナーも数種類準備しておくことも大切です。

 

■冬の汗染みさせないインナー「好みのものが見つからないときは?」

冬の冷え性に悩み、とにかく暖かいインナーを希望される方もいらっしゃるはずです。汗染み対策にまで手が回らないときは、使い捨ての「汗脇パッド」を好きなインナーに装着するという方法も試してみてください。 これであれば、自分好みの暖かい状態はそのままに、汗染みさせないインナーを実現することができます。

暖かいインナーというもの、ふと暖房の効いた空間に足を踏み入れると突然の汗を発してしまう原因にもなります。暖かインナーが手放せない冷え性の方こそ、汗染み対策が大切です。

 

■おわりに

冬の汗染み対策インナーは、夏場以上に気を遣うものです。上記のポイントを参考になさって、「あなたに合った1枚」を見つけてくださいね。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

驚きの制汗力を、まずは
AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

        
Top