足の多汗は心理的な問題?

足の多汗は心理的な問題?

小さい頃から手のひらや足裏の多汗症で悩まされてきた私。

夏はもちろん寒い冬も、汗で手や足裏がビショビショ、

手足の指先が冷えてとってもツライ思いをしました。

しかし、AHCスイスと出会った今は、多汗症もすっかり克服!

スキーやスノボといったウィンタースポーツもめいっぱい楽しんでいます♪

以前、足の多汗で悩んでいた時、お医者さんに相談したことがあります。

私「先生、夏でもないのに足の裏から汗がたくさん出て困ります。

どうして足が多汗になるのでしょうか?」

先生「それはね、二つの原因があります。

一つは、足の裏には、体の他の部分よりも多く汗腺が集まっているのです。

人体で一番汗をかく部分が、実は足の裏なのです。

足の裏からは、一般的に一日200ccもの汗をかくんですよ。

ですから、足の裏から汗が出ることは、とても自然なことなのです。

でも、安田さんの場合は、運動をしていない時や、

冬でも汗がたくさん出る“足裏多汗症”ですね。

足の裏の多汗は、多くの場合が精神的・心理的なところに

原因があると言われています。

これからピアノをひくぞ、という時や、これから人前で話すぞ、

という時に、自分が意識していなくても、汗がたくさん出てしまうのです。

緊張していると人に思われるとイヤだなあ、と思って、

緊張しているそぶりを見せていなくても、実は安田さんの内面では、

しっかり緊張しているのです。

心の中で身構えてしまい、汗が出るのですね。

多汗の人は、汗をかいて恥ずかしい思いをした経験がある方が多いのです。

ですから、汗をかくと、また恥ずかしい気持ちになると思って、

さらに身構えてしまいます。

そして、また汗がでてしまうのです。

これは、反射神経で行われるもので、自分の力ではどうにもコントロールできません。

これを精神的発汗というのです。

精神的発汗の原因は、身構えてしまうことです。

“汗をかいたらイヤだなあ……!と思ってしまうと、さらに汗が出てしまうのです。

汗をあまり気にしないことが大切ですね。」

と、先生がアドバイスしてくれました。

汗をかいても気にしないことが大切、と言われても、

汗が出ると気になりますよね。

そんな時はAHCシリーズを使うと安心して日常生活がおくれますよ。

コラム担当 安田

        
Top